三重県で人気の名刺デザインを集めました

三重県は南北に長い地形で、北勢地区、中勢地区、伊賀地区、南部の尾鷲熊野地区に分かれており、それぞれに特徴のある風土と特産物を有しています。
近年、伊勢志摩サミットや伊勢神宮の式年遷宮などで注目を集めていますが、もともと東海地方のリゾート地としての認知度も高く、熊野古道、志摩スペイン村、ナガシマリゾート、鈴鹿サーキット等の観光リゾート地の多い県でありました。近年はグルメ愛好家にも松阪牛をはじめ海や山の特産品が多くありしばしば注目を浴びています。
工業地帯も四日市市を中心に発展しており、県庁所在地の津市(日本一短い地名)や松阪市、桑名市、伊勢市などビジネス街から観光地まで「これ、全部三重なんです」とキャッチコピーにもなっております。名刺ファーストも何を隠そう三重県の鈴鹿市に位置しています。
そんな三重県のランキングは以下の内容となっております。

24_mie.jpg

三重県の人気の名刺デザインランキング

モノクロ部門で人気ナンバーワンのデザイン!!明朝体でシンプルにかっこよく、定番型の横型名刺です。明朝体を使用していますので、力強くも落ち着いた印象を与えます。またシンプルなデザインなため用紙によりさまざまな雰囲気を表現することが出来ます!!用紙をこだわり自分好みの名刺に仕上げてみてはいかがでしょうか。 また記載文字の配列は自由に変更できますので変更をご希望の場合はご注文フォーム「その他」記載欄へ記入ください。

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

LINE公式アカウント

a