更新日: 2020/01/22 カテゴリ: 名刺用紙 名刺デザイン 名刺印刷業者の選び方

名刺作成のための用紙選び

名刺作成をする場合、デザインに凝って作成をしたいと考えている方もたくさんいるのではないでしょうか。今ではデザインに関しても考慮してくれる業者がとてもたくさんいるので、デザインにこだわって名刺を作成することができるのです。
そのデザインに大きな影響を与えるのが用紙です。用紙を変更するだけでデザイン力をアップさせることが可能になります。しかし業者によって取り扱っている用紙の種類が異なるので注意が必要です。
現在ではスフールの用紙で名刺を作成してくれるところもあります。スフールは世界の有名ブランドなどでも使用されており、高級感を名刺に与えることができるのです。
また、手触りに関してもしっとりとなめらかな感触になっています。営業などをする際に、普通の名刺ではインパクトを相手に与えることができない場合がありますが、このような他とは異なった名刺作成をすることで他社との差別化を図ることができる可能性があるのです。
スフール用紙だけでなく、半透明フィルムを取り扱っているところもあります。この用紙を使用することによって名刺に透明感を取り入れることができるので、営業などで渡す相手に清潔感を与えることができます。また、半透明フィルムの場合はポリエステルの素材を使用しているため、他の用紙に比べて耐久性や耐水性が高く、長持ちする名刺作りをすることが可能です。
半透明ではありますが、文字などはしっかりと見えるため、相手に強い印象を残すことができるのです。
このように今ではさまざまな用紙を取り扱っている名刺作成業者がいます。用紙を他社と異なるものにすることで他社との差別化を図り、営業の時に相手に好印象を残すことができるでしょう。
また、デザイン性の高い名刺作成ができるので、企業自体のイメージアップにも繋がります。

デザイン名刺のテンプレートはこちら

しっとりとなめらかな手触りが特徴のスフールホワイト名刺についてはこちら

名刺に透明感を取り入れることができる半透明名刺についてはこちら

名刺の取り扱い印刷用紙についてはこちら

素材の質感がよく分かる名刺のサンプル請求はこちら

名刺作成をする際に重要になるポイント

名刺作成をする際に重要になるポイントはたくさんあります。
名刺は営業効率を上げるだけでなく、その企業を知ってもらうためにとても大事なツールなのです。そのため、名刺を作成する際はしっかりとポイントを抑えて作成をする必要があります。
たとえば問い合わせ先をしっかりと記載することです。企業によって問い合わせ方法は異なっています。電話で問い合わせを受け付けている場合は電話番号を名刺に記載する必要がありますし、メールでも問い合わせを受け付けている場合はメールアドレスの記載も必要です。
その他にも自分のプロフィールを名刺に取り入れることもポイントです。営業の時はお互いの事を知らないので会話が弾まない場合があります。しかし、名刺にプロフィールを記載しておくことによって、そのプロフィールから会話が広がったり、自分に興味を持ってもらったりすることができる場合もあるので、相手に好印象を残すことができるのです。
また、名刺作成をする際は会社のキャッチコピーはとても重要になります。会社のことを知らない場合、どのような業務を行ってるか分かりません。そのため、相手にどのような業務を行っているのかを知ってもらうためにも、しっかりとキャッチコピーを入れて、どのような会社なのかを相手に知ってもらう必要があります。
このように名刺作成のポイントを抑えて作成することによって、より良い名刺作りをすることができるでしょう。

早速名刺を注文する

名刺作成業者の選び方のポイント

名刺作成業者を選ぶ際に重要になるポイントは3つあります。
一つ目は要望に対応できる技術力があるかどうかです。名刺のデザインに関しては自分でデザインを作成したい方や、業者が事前に用意してあるテンプレートを利用して作成をしたいと考えている方がいます。この両者に対応してくれる業者を選択することで自分に適したデザインの名刺を作成することが可能になります。業者によってはイラストレーターのデータを送るだけで作成してくれるところがあるので、自分の理想に近いデザインの名刺作成をお願いすることができます。
二つ目のポイントはその業者の評判です。今ではインターネットが普及しているので、口コミサイトなどを見るとその業者の評判などを把握できます。また、その業者のホームページの中でも口コミを掲載しているところもあるので、そのような点を参考しながら選ぶと評判の良い業者を見つけることができます。
三つ目のポイントは質とコストとのバランスです。低コストで作成できる業者でも自分の期待通りの名刺が仕上がる場合がありますし、高いコストの業者であっても満足のいかない名刺が作成される場合があります。そのため、実績などを確認して、どのような仕上がりの名刺を作成しているのかを参考にしてから注文をする必要があります。
このようなポイントを把握したうえで名刺を作成してもらうことによって、自分のイメージに沿った名刺を受け取ることができるでしょう。

自分で名刺をデザインする方はこちら

自分でデザインした名刺を注文したい方はこちら

名刺の料金表はこちら

半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン