名刺の利用

名刺は、会社名や氏名・役職・会社の住所や電話番号・メールアドレスやURLなどを記載したもので、職業上の自己紹介や儀礼として交換をします。
常に携帯しておくため、カードくらいのサイズのものが一般的です。保存性や耐久性を考え、主に厚めの紙が利用されています。営業や取引先の方と会う機会の多い職種や役職の方は、必需品でありいつでも渡すことのできるように持ち歩いています。
このため、名刺入れや名刺ケースが就職祝いなどにもよく利用されるのです。 企業や団体により名刺作成を行い、個人に渡されている場合が多いですが、仕事上利用する物とは別に個人の名刺を作成している方もいます。
企業や団体により作成されたものはデザインが統一されており、役職や個人の氏名などだけそれぞれにあわせて作っています。取引先の会社の方などへ渡すため、名刺作成は印象を大切に行われます。文字やフォント、色合い、用紙の種類など少し違うだけでも相手に与える印象は違うのです。
昔は、真面目に見えるシンプルなものが主流でしたが、現代は職種ごとに良い印象というのは違うのでさまざまな名刺が登場しています。個人で作成している方は自由に作ることができますし、自分をアピールできるものを作りたいはずなので、ユーモアなものなどオリジナリティーがあふれるものが多く利用されています。モノクロ印刷の物ではなく、カラーをふんだんに取り入れたものが多く見受けられます。

社会人に必須のビジネス名刺一覧はこちら

個人の名刺に最適なデザイン名刺の一覧はこちら

自分で名刺を作成する方はこちら

デザインにこだわって名刺作成を行う

名刺は、仕事上の利用するものであるという考え方から、かつては白地に黒文字のシンプルなものがほとんどでした。会社名や氏名を大きく表示することやフォントによって、少しデザイン性をプラスする程度のものでした。
しかし現代は、少しでも相手側に印象づけたいということから名刺作成においても、オリジナルのデザインを利用する会社や個人が増えています。
紙質も、さまざまなものが用意されています。たとえば、文字がシンプルなモノクロ印刷だとしても用紙の種類を変えることだけでも印象はがらりと変わり、オリジナル感が増します。
白い用紙でもマット感のあるものや光沢のあるものなどがあります。
白い用紙の他には、少し高級感が演出できる和紙やおしゃれに見え、インパクトを与えるクラフト紙、凹凸がありレザーのような質感のレザックと呼ばれる用紙、フィルムやトレッシング素材の半透明の用紙などがあります。
フィルムやトレッシング素材のものは、さまざまな色で個性を出すことができ、水や湿気に強いのがポイントです。表面と裏面に別々のデザインを施すことで、更におしゃれな名刺作成ができます。
形は、角のある真四角な形が多く利用されていますが、角を丸く加工したものもあり、柔らかい印象を与えることができます。職業柄、優しいイメージを与えたい方や女性に人気です。
また、デザイン性を重要視した型抜き名刺もあります。名刺の形そのものが物の形になっているものや、用紙の中に穴が開いているかたちで型抜きを施したものもあります。職業に関係したものの形で作ることで、印象に残る名刺作成ができます。
通常、日本での名刺は横型のものが多く見られますが、タテ型の名刺もあります。タテ型の名刺に横書きで記載することによりおしゃれ感がアップするため、近年人気を得ています。
この他、金箔仕上げなどもあり、ゴールドやシルバーだけではなくレッドやグリーン・ブルー・ピンクなどのカラフルな金箔もあります。光輝く高級感のある名刺ができあがります。

シンプルなモノクロ名刺の一覧はこちら

フィルムやトレッシング素材の半透明名刺についてはこちら

柔らかい印象を与えることができる角丸加工名刺についてはこちら

職業に関係したものの形で作ることができる型抜き名刺の一覧はこちら

横書き記載でおしゃれ感がアップ!タテ型の名刺一覧はこちら

高級感あふれる箔仕上げ名刺についてはこちら

名刺作成をお願いする

名刺を作成するためには、デザインが必要となります。
完璧なオリジナルにする場合はデザインから考えなければいけませんが、デザインが数多く用意されておりその中から選ぶこともできます。用意されたデザインから選ぶ場合は、デザインを選び挿入する会社名や個人の氏名・会社の住所などを伝えるだけで作成してもらえます。
インターネットからの注文であれば、フォーマットに必要事項を記入するだけで簡単に注文できる事が多いです。
デザインから作成する際は、エクセルやワード・パワーポイントなどで作ったものをメールで送ることで注文することができます。また、こちらから渡したデザインを元にデザイナーがデザインの仕上げをしてくれる事もあります。
そのため、高度な技術を持ち合わせていなくても、思い通りのデザインで名刺作成ができます。 用紙のサンプルを請求することもでき、安心して満足のいく名刺を作ることができます。
名刺作成にかかる費用は、用紙の種類と枚数により決まっていることが多いです。加工などのオプションにより費用が追加される場合もあります。
納品に関しては、デザインの注文の仕方などによって変わってきますが、最短で即日仕上げができる場合もあります。
また、一度注文したことがあり同じものを再注文であればデータが残っているため注文も手間なく、納品も早いので便利です。

デザイン名刺のテンプレートはこちら

インターネットで手軽に名刺を注文したい方はこちら

デザインから名刺を作成する方はこちら

用紙の素材がよく分かる名刺のサンプル請求はこちら

名刺の料金表はこちら

名刺の納期についてはこちら

一度名刺を注文された方で名刺を再注文したい方はこちら

更新日: 2020/02/04 カテゴリ: ビジネスシーン 名刺デザイン
半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン