更新日: 2020/01/22 カテゴリ: 名刺印刷業者の選び方 ビジネスシーン

名刺発注の方法

ビジネスの際に欠かすことができないアイテムの一つとして知られているのが名刺です。
自分で名刺を作るという方もいるかもしれませんが、個人事業主ではなく、企業としてビジネスを行っている場合、名刺を自力で作るとなると難しいものです。名刺を作成する際には、外部に名刺発注をすることが一般的であると言えるでしょう。名刺を作成する方法としては、主に以下が挙げられます。
まず一つ目は、名刺発注専門の企業に依頼をするということです。名刺発注専門の企業では、名刺の印刷のみではなく、名刺のデザインなどをテンプレートとしてバリエーションを豊富に用意している店舗も多く、どんな名刺にしようか悩んでいる方でも、簡単に名刺を作りやすいということで知られています。
二つ目は、名刺の印刷をすることができる企業に依頼をするということです。名刺を発注する際にデザインなどはこちらで考え、あくまで印刷をしてもらうのみという企業ですが、一つ目の専門業者に比べると、当然ですが金額が安い場合が多く、できるだけコストを抑えて名刺を作りたいという方にはぴったりであると言えるでしょう。 主にこれら二つの方法で名刺の発注が行われますが、どちらの方法も一長一短で、それぞれ良い面もあれば悪い面もありますので、自分が利用したい名刺のパターンや、名刺作成の際に優先するべき事柄を考えて、名刺作成をすることが大切です。それぞれ企業によって事情は異なるかと思いますが、名刺を初めて作るのでデザインの作成方法がよくわからないなどという場合は前者が、とにかく名刺を大量に安く作りたいという場合は後者が、理にかなった名刺作成方法だと言えるでしょう。

ビジネス名刺のテンプレートはこちら

名刺のテンプレートが豊富で印刷も依頼できる名刺作成のファーストはこちら

発注する店舗を選ぶポイント

名刺発注を行う際には、様々な店舗がありますので、しっかりと店舗を比較し、自分の希望に合っている店舗に依頼をすることが大切です。
名刺作成の依頼をするための店舗選びのポイントについてご説明します。 まず、名刺の枚数やデザインなどがほとんど変わらないにもかかわらず、企業によっては、金額が大きく異なる場合があります。金額をよく比べてから発注を行わないと、支払わずに済む費用を支払わなければいけなくなりますので、できれば事前に見積もりを出して、多店舗と比べてから、できるだけお得な店舗で正式発注を行うようにすると良いでしょう。
次に、企業によっては名刺の紙質などが選べる場合がありますが、とにかく値段の安さのみを売りだしている企業には要注意が必要です。店舗にもよりますが、こうした値段が非常に安い場所は、名刺に使う紙がペラペラの場合もあるため、本発注後に名刺が手元に届いた際に、イメージと違った安物が到着してしまう可能性があります。どのような紙を利用するのかも事前に確認を行うように心がけ、自分の理想に合っている名刺を作ることができる様にしましょう。 そして、企業の中には、キャンペーン期間中でよりお得に名刺作成を行うことができる場合もあります。こちらも当然店舗によって異なりますが、名刺発注が減りやすい時期になると、割引を行ってくれるような店舗もありますので、いくつか比較をすると良いでしょう。
このように、店舗を選ぶ際には、見積もりの際など、事前に様々なことを確認して、店舗同士を比較してから本発注をすることが大切です。大量に名刺作成をしてから後悔をしないためにも十分注意しましょう。

リーズナブルに名刺を作成できる名刺の料金表についてはこちら

種類が豊富な名刺の取り扱い印刷用についてはこちら

用途が豊富な名刺

企業名刺しか持っていない方も多いでしょうが、プライベートの時に企業名刺を渡すのはその場に合わないと感じることもあると思います。そのため、第2の名刺である、個人名刺を作っておくといいでしょう。
企業の名刺は企業PRと自分が企業の中でどういう立場なのかを知らせるツールですが、個人の名刺は自分が知らせたいことを自由に記載することができますので、自己アピールのためのツールとして活用できます。 最近では連絡先やメールアドレス、ホームページやソーシャルメディアアカウントなどを通知して仲間を増やすツールとしても活用されています。セミナーやイベント、勉強会、異業種交流会などによく参加をするという方は、企業名刺を使うよりも自分の情報を詳しく記載することができる個人名刺を使うほうが親近感を抱いてもらえますし、コミュニケーションもとりやすくなるといわれています。その場に応じて企業名刺と個人名刺を使い分けると効果的な活用ができるでしょう。
最近では、布や木材、プラスチックなどの材質で様々な形に加工した斬新なアイディア名刺が海外で人気になっており、日本でも注目され始めています。例えば、まずどういった目的で作るかを明確にしてから何を記載するか決めるといいでしょう。 最近増えているママ友同士の名刺交換では、コミュニケーションをとるためのツールとしてだけではなく、緊急連絡先やお子さんの情報(アレルギー情報など)を記載しておけば何かあったときにも連絡がスムーズにできるという利点があり活用されています。 このように名刺の用途は近年多様化しています。

様々な形に加工できる型抜き名刺の一覧はこちら

木材、プラスチックなどの材質を選べる名刺の取り扱い印刷用紙についてはこちら

ママ友同士の名刺交換に使える女性向け名刺についてはこちら

女性向け名刺のテンプレートはこちら

種類が豊富な名刺の取り扱い印刷用についてはこちら

半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン