大きさや形について

スーツの内ポケットに名刺入れが入っているというサラリーマンは多いと思いますし、外回り営業などをしている方、ビジネスマンなら誰もが自分の分身として名刺を持ち歩いているでしょう。
名刺はビジネスシーンを中心にあらゆる世界で使用されていますし、自分の所属している企業や団体、自身の肩書や身分、連絡先などを証明するのにもっとも適したツールです。営業ツールの中でもっとも重要なアイテムとされることもありますし、仕事のできる人は名刺のサイズやデザインにも気を配っています。
サイズですが、基本的に55×91mmが多くを占めています。もっともポピュラーで一般的なサイズですし、ビジネスマンが持ち歩いているのもこのサイズがもっとも多いのではないでしょうか。
ただし、これはあくまで日本での話ですから海外に行くとまた話は変わってきます。
欧米ですと51×89mmの大きさを利用している方が多いです。ほかにもさまざまな大きさの用紙が用意されていますし、業界によってよく使われる大きさなどもありますから一概にこれが正解ということはありません。あくまでもっともよく用いられるのは先述した55×91mmという大きさになります。

完全な長方形の形が一般的ですが、角を取った丸みのあるものもありますし、ほぼ正方形に近いような形のものもあります。
人と違ったものを持ちたい、同じのはイヤだ、個性を出したいという方はこれらの大きさ形を選ぶこともあります。先述したように業界によって好んで用いられる大きさや形が異なるケースがありますから、これから作ろうと考えている方は業界で働いている方がどのようなものを使っているか事前に確認しておくと良いかもしれません。念のために確認しておきましょう。

名刺ファーストでは、基本サイズは55mm×91mmですが、クレジットカードと同じサイズのUSサイズ89mm×51mmのご用意もございます。
海外でお仕事される方は、USサイズもご検討いただくと良いと思います。
注文フォームにサイズを選択する場所がございますので、ぜひご利用ください。1箱あたり500円で名刺をUSサイズで作成できます。

名刺を早速注文する

自分自身の分身

ビジネスマンにとって名刺は非常に重要な営業ツールです。お客さんやクライアント、取引先の担当者などと初めて会うときには例外なくお互いのものを交換しますし、それがビジネス上でのマナーでもあります。
持っていない、忘れた、カード入れの中に入っていないとなるとビジネスマン失格と言われても仕方ありませんし、それだけビジネスマンにとって大切なアイテムなのです。自分自身の分身ともなるツールですし、自分のことをよりよく知ってもらうためにも必ず肌身離さず持っておく必要があります。

自分自身の分身であるからこそデザインには気を遣いたいものです。名前や企業名、部署、電話番号などがただ記載されているだけのカードでは少々インパクトに欠けますし、これだとほかの人からもらったものと一緒になってしまいます。そのままカード入れに収納されてしまい二度と日の目を見ることはないでしょうし、思い出されることもないでしょう。自身のことを印象付けるため、また名紙に目を通してもらえるためにもデザインや大きさには気を遣う必要があります。

個性的なデザインを採用すれば印象に残りやすくなりますし、実際にビジネスマンによってはデザインを大きく変えている方もたくさんいます。会社から無料で配布されるものではなく、わざわざ自分で自腹を切って作っているという方も大勢いるのが現状です。
それだけビジネスシーンでは大切なアイテムとして機能しているのですし、できるビジネスマンになるためにはこうした部分にも気を遣うべきではないでしょうか。今一度デザインや大きさを見直してみましょう。

ビジネスにぴったりの名刺デザインはこちら

派手すぎると問題になることも

ユニークで個性的なデザインの名刺を作れば自分のことを強く印象付けることができます。そのため、ビジネスシーンにおいては自分だけの名刺を作って持っている方が大勢いますし、さまざまなデザインが用いられています。
中には自分のことを忘れられないため、印象を残すためと派手すぎるデザインを採用してしまうようなケースもありますが、あまり過度になってしまうと逆効果になることもありますから注意しましょう。業界によってはそれでも許容されることもありますが、それが裏目に出てしまうこともあります。
デザイナーといったアート性の高い世界では多少派手で見栄えの良いデザインを採用しても特に問題にはならないでしょう。貰ったほうとしても覚えやすいですし、お互いがウィンウィンの関係になれるはずです。しかし、多額のお金に関わることが多い銀行マンや不動産会社の営業マンなどがあまりにも派手な名刺を持っているとお客さんとしては少々複雑な気持ちになってしまいます。
本当にこの人に任せて大丈夫なのだろうか、という不安を抱かせてしまうかもしれませんし、軽薄な印象を与えてしまうこともありますから注意しましょう。

先ほどもお伝えしたように名刺はビジネスマンにとって分身ですし、デザインは非常に重要です。
デザイン次第でその人の印象が大きく変わってしまいますから、自分の働いている業界についても今一度考える必要がありますし、そのデザインで本当に大丈夫かどうかも考えてみるべきです。
とりあえず派手で目立てば印象に残る、という考えも間違いではありませんが、悪い印象を与えてしまっては意味がありません。

ビジネス向けシンプル名刺デザインはこちら

更新日: 2020/02/04 カテゴリ: ビジネスシーン 名刺デザイン
半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン