名刺を作成する際のポイントについて

名刺は現在、さまざまな場面で活用されています。その中でも主にビジネスシーンで活用されることが多いですが、人によってそれぞれデザインは異なります。
特にビジネスシーンでは新規の仕事を獲得し取引先の人に顔と名前を覚えてもらうためにデザインなどにこだわっている人はたくさんいます。ビジネスシーンでは特に大切なアイテムですが、実際に作成の際デザインなどで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
納得のいく名刺を作成する際にはいくつか大切なポイントがあるので、今回は作成する上で知っておきたいポイントについて紹介していきます。

まず、作成をする時には文字のフォントの確認をしましょう。
基本的に名刺のサイズは限られており、それほど大きなサイズを使用することはできませんが、限られたスペースの中で文字の使い方は重要になりますので、相手に情報を伝えるためにもフォントの種類を絞っているか確認しておきましょう。
たくさんのフォントが使用されていると一見オシャレでインパクトを与えられるように見えますが、受け取る相手からしたら読みづらくなってしまうこともありますし、バランスも崩れるので、なるべくフォントを選択する時は多くても2つくらいに絞るようにして、いろいろな種類は使用しないようにします。そうすると、まとまったデザインにすることができます。
また、文字の配置についても印象を変えるポイントとなるので重要です。
例えば人によっては名前を左に配置したり、右に配置したり、中央にしたりとそれぞれバラバラですが、文字の配置場所はデザインに合わせて変えるようにするのがポイントです。
それぞれ名刺のデザインは異なりますが、デザインとのバランスを考えながら文字の配置についても考えると、バランスの整ったオシャレな名刺を作成することができます。
続いててのポイントとしては、色の使い方を考えることです。人によって使いたいカラーは異なると思いますが、色にはそれぞれ意味があると言われているので、色を活用する時には色が与える力についても事前に調べておくと職種に合うカラーデザインで作成することができます。好きな色を活用するのも良いですが、職種なども考えて選ぶようにすると良いでしょう。
その他にも作成方法として、加工をするのも重要なポイントとなります。
例えば名刺の角を丸くするなど、ちょっとした工夫をするだけでも柔らかい印象や雰囲気を出すことができます。
加工も重要になるので、オシャレなデザインにしたい場合は考えてみると良いでしょう。このように、作成する際には大切なポイントが存在しているので、自分に合うデザインで作成したい場合には、こうした点にこだわってみてください。

名刺の文字のフォントやレイアウトが確認できるビジネス名刺の一覧はこちら

名刺の角を丸く仕上げられる角丸加工についてはこちら

半透明の用紙を選択するメリットとは

名刺には四角いタイプの用紙を活用する人たちが多いと思いますが、用紙にも色々な種類があります。その中でも近年注目を集めているのが半透明の用紙です。既にビジネスシーンなどで活用している人たちも多いと思いますが、半透明にはいくつか魅力があります。
これから半透明の用紙を選択しようと思っている人もいるかと思いますが、活用するにあたって魅力について知っておきたいという人のために、どのような魅力があるのかについて紹介します。

まず、一つ目はインクの色を綺麗に発色させることができる点です。通常の用紙よりもより色を美しく見せることができるので、半透明にしかない魅力となっています。
続いて2つ目は相手の記憶に残ることです。通常の用紙のようにありきたりではないため、記憶に残りやすく、顔と名前を覚えてもらえる可能性が高くなります。自分のことを覚えてもらいたいと思っている場合は半透明の活用について考えてみると良いでしょう。
その他にも3つ目は名刺の交換の場で話題になりやすいことです。通常の用紙とは異なるため、交換する相手との話をきっかけになる可能性があります。会話も弾ませることができるでしょうから、相手との距離を縮めたい場合には有効的な方法でしょう。

名刺の半透明用紙の選び方についてはこちら

パールがきらめく半透明フィルム名刺についてはこちら

ミルクのような不思議な透明感が魅力の半透明フィルムホワイト名刺についてはこちら

名刺の角を丸く仕上げられる角丸加工についてはこちら

名刺を作成してくれる業者の選び方について

名刺は専門業者に依頼をすることで手間なく作成をすることができますが、後悔しないためにも専門業者の選び方は重要です。失敗しないためにも、今回は選び方について紹介していきます。

まず、依頼する時には用紙の種類について確認しておきましょう。専門業者によっては色々な種類を用意してくれているところがあります。用紙の種類が多ければ選択肢の幅も広がるので、なるべく豊富に取り扱っている専門業者を選ぶようにすると良いでしょう。
また、納期についても確認しておきましょう。専門業者によっては納品までの期間が長いところも存在します。
名刺を切らせてしまうと仕事にも影響してしまうため、できる限り短納期が可能な業者を選択すると良いでしょう。最近はネットでの注文を受け付けているところも多いので、そうしたサイトをチェックしてみるのもいいでしょう。

名刺の取り扱い印刷用紙についてはこちら

期間が短い名刺の納期についてはこちら

更新日: 2020/02/04 カテゴリ: 名刺加工 高級名刺 名刺印刷業者の選び方
半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン