名刺の必要性

昨今のペーパーレス社会になっても名刺というのは今でもなくなりません。名刺交換はビジネスシーンの中で第一印象を決める場面であり、そのあとのやりとりの流れを決める重要な要素であるために仕事現場はもちろん、プライベートの場面でも名刺の受け渡しをすることがあります。

名刺というのは所属や勤務先、連絡先といった仕事の情報を伝えるツールでありながら、最近では素材やデザインなどオリジナリティーを出して凝ったものも作っている人も増えており、再度その必要性、重要性が見直されています。
名刺の小さな紙の中にはたくさんの情報が詰められていますが、オリジナルのメッセージを残すことができる場所もあります。
会社のコンセプトや事業内容、仕事のモットーといったものを書いておくことで仕事の話を作るきっかけにすることもできますし、逆に仕事とは全く異なるプライベートな趣味や特技といったものを記載することもできます。
もちろん、このような内容というのはTPOをわきまえて使用しなければ失礼になるので注意が必要ですが、上手に活用すれば話が盛り上がるきっかけにすることもできますし、趣味の仲間として一緒に釣りやゴルフをしようと誘ってもらえ仕事につながるということもあります。このように上手に活用するとたくさんの効果を得ることができるのです。
名刺を配布するにあたって、せっかくならばそのあとビジネスチャンスにつながることを期待したいものです。そこで、最近では会社から支給されるものだけでなくオリジナルのものを作成するという人もいます。
オリジナルのものであれば、仕事先の人たちとのゴルフのような場で一緒に参加した初対面の人や、日常生活の中で知り合って意気投合した人にも気軽に配布がしやすいです。ですから、日頃からビジネスシーン以外でも配布する機会がある人は、オリジナルの名刺も作成するのもオススメです。

ビジネスに最適な名刺のテンプレートはこちら

オリジナルの名刺に使えるデザイン名刺のテンプレートはこちら

発注枚数の考え方

一般的には名刺というのは企業が従業員に配布をするものです。この作成にあたって悩むのが発注枚数です。あまりにもたくさん作成して余らせてしまえばロスとなってしまいます。だからと言って少数の発注にすると割高になりますし、配りたいときに手元にないというようなことも起こってしまいます。
仕事によっては転勤や配置変更、役職の変更といったことが多いところもあります。また、仕事によっては人と会う機会が多く名刺の消費枚数が多いということもあります。そこで、自分の仕事の内容や所属といったものによって発注枚数を上手に調整することが重要です。
一般的に企業が名刺を作成する際の発注枚数としては100枚が一般的です。そして、手元の残り枚数が減ってきたら追加発注をして新しいものを届けてもらいます。この追加発注の時期は、人によって異なるものです。
日頃から手渡すことが多い人は残り枚数が20枚ほどになれば発注をすることもありますし、残り枚数が1桁になってから発注しても十分に間に合うという人もいます。また、この発注時期は注文するメーカーの納期によっても異なります。
最近ではメーカーにデータが残っているので発注して翌日には発送してもらえることもあります。しかし、一般的に1週間から1カ月は待つことが多いので、人事や上司に納期の確認をして発注の依頼をすることが望ましいです。
大きな企業であれば、人事に発注の申請をあげて人事が定期的に取りまとめてメーカーに注文をするというケースもありますから、早めに動かなければ手持ちがなくなる危険性もあるのです。

名刺を注文後24時間以内の発送が可能な名刺作成のファーストはこちら

名刺を再注文する方はこちら

オリジナルのものを作成する

最近は会社で支給されるビジネス用のものだけでなくオリジナルの名刺を作成する人もいます。同じように、企業でも自分たちの部署のみのオリジナルのものを作成したりということもあります。
このように企業のものだけでなくオリジナルのものを作成するようになったのは、パソコンソフトの進化や印刷技術の進化により、リーズナブルにそして簡単に名刺の作成ができるようになったためです。
オリジナルといっても全てを自分でデザインするのではなく、いくつかのテンプレートの中から選ぶこともできますし、少しのアレンジを加えることもできます。紙の加工技術も進化しているため一般的な素材とは異なるものを使用したり、折り紙のように折りたたみ式のものを作成したりということもできるようになっています。印刷技術の進化によってカラー印刷なのは当たり前ですが写真を入れることもできます。このように様々なことができるようになったために、より相手の印象に残るための工夫としてオリジナルのものを作成する人が増えているのです。

オリジナルのものと聞くとちゃんと作成できるのかといったことや料金のことが不安になるものです。しかし、最近では個人のものであってもリーズナブルに作成することができるようになっていますし、インターネットのやりとりであっても細かな打ち合わせを行ってもらえるので、届いてイメージと違ったというようなトラブルもほとんどありません。
仕事の業績が芳しくなかったり、顧客との面会場面でうまく話ができないと悩んだりしている人はオリジナルの名刺を作成するのもオススメです。

オリジナルの名刺に使えるデザイン名刺のテンプレートはこちら

素材が豊富な名刺の取り扱い印刷用紙はこちら

写真名刺のテンプレートはこちら

リーズナブルに作成できる名刺の料金表はこちら

更新日: 2020/01/22 カテゴリ: ビジネスシーン
半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン