名刺作成はワードで出来る

名刺作成を行う際には、名刺作成業者に一から依頼をするという企業もあれば、自社や自身で作成して印刷まで行っているところもあります。さらに、用途で名刺作成の方法を変えている方もいますので、名刺の利用幅というものは、日本において非常に広いものであると言えるでしょう。
そんな名刺ですが、デザインから印刷まで、全て一から企業に依頼をしていては、何かと時間もお金もかかると敬遠されている方が多くいるのも事実です。そのため、出来るだけお得に作成することが出来る名刺業者を探しているという方も少なくありません。
その場合、ワードやエクセルで簡単に作成が出来、そのデータをそのまま業者に送るだけで良い業者に依頼すると良いでしょう。当然会社によって異なりますが、サンプルを提示しているところもありますから、そのサンプルに沿って作成すると、思い思いの名刺作成ができるのです。また、ワードでの作成であれば、名刺のデザインも比較的容易にできると考えている方も多いため、気軽に依頼することができます。
名刺デザインは問題ないものの、自分で印刷をすると納得のいく仕上がりにならないと思い悩んでいる方など、特にこういった企業への依頼をすると良いでしょう。大量に名刺を作成するのであれば、企業に依頼をした方が簡単な場合もあります。さらに、コストも抑えられることもあるので検討してみるといいでしょう。
ワードによる名刺作成は何かとメリットが多いので、一度考えてみてもいいでしょう。

自分で名刺を作成したデザインを入稿したい方はこちら

サンプルに沿ってデザイン名刺を作成する方はこちら

データ入稿までの流れ

ワードで名刺の作成をした際に、データをそのまま入稿することで依頼完了にしたいと考えている方もいるでしょう。業者によっては、ワードで作ったデータをそのまま入稿できるところもあります。
せっかくワードで作っても、新たにデータの変換をしなければならなくなったらとても面倒です。しかし、しっかり探せばそのような業者もありますので、チェックしておきましょう。

では、ワードでデータ入稿するまでの流れとしてはどのようになっているのでしょうか。もちろん会社によって変わってきますので、ここでは主な流れについて説明します。
まずは、自分の好みの名刺データを作成します。入稿前に見なくてはならない資料があれば作成前に見ておきましょう。さらに、空テキストの削除も求められる場合もあります。
データがまとまったら依頼する企業にデータを送ります。その場合、必須になっている箇所はしっかり入力して入力漏れがないようにしましょう。その際に作成ソフト名や作成データを添付する箇所がある場合もありますので、一緒に送ることもできます。その時に送らなくても、後でデータは送ることはできますので安心です。企業によって、メールやオンラインストレージなど、さまざまな方法がありますので送る方法を事前に確認してから送りましょう。
データの内容に不備がある場合は、再送しなければいけない場合もありますので、作成したデータを見直して、不備が無いかどうかなどを確認することも忘れないようにしてください。そして、業者側が名刺の印刷を行い、指定の住所まで届けてくれて名刺の作成が完了となります。再度データで送られてくることもありますが、企業がどのようにして名刺を作ってくれるのかなどを確認しておかないと、望んだ名刺を得ることが出来なくなることがあるので、送られてきたデータの確認をしっかり行いましょう。
このように、名刺を作る際にはデータ入稿が基本となるということを、よく頭に入れておくことが大切になります。

名刺のデザインの入稿方法を知りたい方はこちら

自分でデザインした名刺を注文する方はこちら

メリットは?

ワードで名刺作成を行ってデータ入稿をすることで、名刺を手に入れることが出来る方法ですが、様々なメリットがあります。
まずは、名刺を自分で印刷する手間が省けますので、その分のコストダウン、手間暇を削減することが出来ます。
大量印刷の場合は特に、刷り損じなどがあるとまた印刷をし直す手間などがありますので、企業で一人一人に名刺を渡さなければいけないという場合などは、特にこうした企業に依頼をすることで、より効率よく作成をすることが可能になると言えます。
次に、自分好みにデザインをすることが可能という点です。
企業によってはテンプレートを用意しているところもありますが、こうしたテンプレートを使わずとも、自分好みのデザインの名刺を、実際に形とすることが出来ますので、よりオリジナリティのある名刺を作ることができます。

そして、企業によっては用紙の種類や材質なども依頼をすることが可能だという点です。
自分で印刷をするとなると何かと限界がありますが、企業によっては名刺の形などをちょっと工夫をしたり、材質などを特殊なものにしたりと、相談一つで対処をしてくれるような企業もあります。ですから、他とは違う一風変わった名刺を作りたいという方や、自分では理想通りに作ることが出来なさそうという場合など、確実に作成をしてくれるこうした企業を利用してみてはいかがでしょうか。

オリジナリティのある名刺を自分で作成する方はこちら

名刺の形や材質を工夫したい方はこちら

更新日: 2020/01/22 カテゴリ: 名刺印刷業者の選び方 名刺デザイン
半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン