写真を入れるメリット

写真入りの名刺は大変人気があり、自分の顔写真を入れていたり、商品画像を入れていたりするサラリーマンもいます。決して自画像にこだわる必要はなく、好みの素材を背景に使う事もできますし、ワンポイントで小さく入れる事も可能です。
手書きイラストも楽しいですが、よりリアルな写真画像という形で自己PRをするのもインパクトがあって魅力的です。 ただおもしろいというだけではなく、人との関わりを求められている時代であるからこそ、名刺は人気があり、名刺は今まで全く繋がりの無かった方との距離を縮めてくれる存在でもあります。リアル画像を使う事によってコミュニケーションを引き出し、さらには相手に興味を持ってもらう効果も期待できるのです。
個展をセルフワークにしているアーティストの中には自作品を載せている人もいますし、販売業をしている方の中には自分のお店の画像や看板画像をリアルに載せている方もいます。
特に商売をしていない個人の場合では、デザインの一部として好きなものやペットなどを、両サイドに配置して個性的なものを作っている方もいます。 オプションを追加する事で他にはないユニークなデザインでアピールしている方もいます。
使い方は千差万別であり、ルールはありません。実は通常のモノクロ印刷にするよりも格安で作成できる場合があります。既製品を利用してもそれなりに素敵なカードができますが、少し絵心があるなら自作のデータを入稿して、印刷だけを業者に依頼するという方法も選択できます。
名刺作成用紙というのも最寄りの文房具店に置いてありますから、自宅のプリンターで作成する事も可能です。ただし、ビジネスとは関係なく趣味で作成する程度ならおすすめですが、実際に経験してみればお分かりのようにプロ並みに美しく印刷するのは意外と難しいものです。公に使うものはプロに依頼した方が安全です。

人気の写真名刺の一覧はこちら

ペット用名刺の一覧はこちら

自作のデータを入稿する方はこちら

背景に写真を入れてみる

写真の入れ方は多種多様で背景に風景画を入れて癒し効果を出しているものもありますし、白地にワンポイントで花画像や雑貨または商品画像をアクセントとして入れているケースもよく目にします。
背景として人気なのは青空や緑のある風景または花画像といった癒し要素満載の画像です。特に青く晴れ渡った空の画像は清涼感があり、開放的なイメージがあります。少し雲が浮かんでいる大空の情景はいつまで見ていても飽きがこない爽快感と共に、華やかな雰囲気も演出してくれます。
同様に大空の下に花畑が広がる雄大な風景は文字通り開放感がありノスタルジアさえ感じさせるものです。同じ青空でも緑の木々や明るい太陽の光が配置されていると、また違った気持ちよさや清潔感さえ感じさせる人気の一品です。
こうした背景だと文字入れに工夫が必要になる事もありますが、黒くて太いゴシック書体以外でしたら、ぼかし効果を加えたり透明度を強化したフォントを使ってみたりする事でも独特の印象を与える事ができます。
縦でも横でもいいのですが静止画像を入れても自然な雰囲気と共にかわいらしさや和み効果を出す事ができます。女性から特に人気が集まりやすいケースです。
切り抜きや型抜きで花やポスト、果物、無機質な機器など商品に関連した形に切り抜いた、遊び心満載の名刺も多様なシーンで活用できて個性あふれる一枚になります。
どのように画像を使うかはそれぞれですから、機能性をしっかり維持しつつ自分だけの一枚を楽しみつつ作成してみてください。写真を使う場合はオプション価格がかかってくる事もありますが、紙質を適切なものにする事で安く仕上げる事も可能になります。

背景に写真を入れられる写真名刺の一覧はこちら

タテ型名刺の一覧はこちら

商品の関連した形に切り抜いた型抜き名刺の一覧はこちら

顔が見える名刺作成

名刺を最も頻繁に利用しているのはおおよそビジネスマンですし、実際にビジネスパーソンの数だけ名刺がこの世には存在しています。デザインも様々ですが、往々にしてシンプルで単純な表現が一般的です。
世界中にどれほどのビジネスマンが存在しているのか定かではありませんが、同じような名刺が一度に集まったとしたら、誰がだれなのか結局は目につきにくくなります。こうなるとせっかく経費をかけて作成したのにファイルにしまわれておしまいという事になってしまいます。
少しでも他者と差をつけて顔を覚えてもらうためにという事で顔写真をパーツの1つとして入れている人も少なくありません。 商品画像を入れる方もいますし、無料素材からきれいな画像ファイルを導入するという方もいますが、せっかくなら自画像や商品画像をパーツとして組み込んでみましょう。
サービス商品というなら商品関連のイメージ画像が販路拡大や売り上げアップという意味でおすすめですが、今後のおつきあいも考慮して自分の顔を組み入れてみるというのも、自分を覚えてもらうためには有効です。仕事ではなく個人サークルやボランティア団体での作成という事もあるでしょうし、単に自己アピール目的というならなおさら写真はあった方が早く顔を覚えてもらえるはずです。料金も思ったほど高くない事が多いですから、この際思い切って自分だけの名刺を作成してみてはいかがでしょう。一般的には胸から上の画像を用意する人が多いのですが、インスタント写真を使うよりも屋外でとったものの方が親近感のある画像に仕上がる事も多いです。いろいろ工夫してみてください。

顔写真を入れられる写真名刺の一覧はこちら

更新日: 2020/01/22 カテゴリ: 名刺デザイン 名刺加工
半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン