ビジネスシーンで活用できる事例

名刺の中でも、グローバル化した現代にふさわしいデザインとして英語表記を配列したものが人気を呼んでいます。
海外では意味や内容はともかく漢字が大人気であるように、日本でも各種フォントを使って英語表記にすることや、名前を様々な角度で配置する事で、パンチのきいたデザインになります。

英語は横書きだから横型でないと作成できないかというと、決してそのような事はありません。
もちろんビジネスシーンで使うとなるとまず安定していて落ち着いた雰囲気が好まれますから、デザインもシンプルなものになりがちではありますが、例えば縦型で作成するとなった場合に左もしくは右側にゴシック体のずっしりとした英語表記の名前を置き、反対側には普通に横書きで名前・連絡先・職業などの情報を配置するという形態で作成する事も可能です。
モノクロにすれば英文字が若干重たくなりがちな傾向があるのに対して、背景を自分のイメージカラーにしてロゴを白抜きにするといったデザインにすれば、この問題は解決します。実際万人受けのデザインにもなりますしその逆のパターンにしても、ほどよくインパクトがあっておしゃれな雰囲気になります。
その他にも様々なパターンで試してみましょう。あくまでも横置きにこだわるなら、若干シンプルにはなりますが英語表記ロゴを上段に大きめに置いて名前その他の情報を中央以下に配置するといったデザインも人気です。
アルファベットの色を薄めにすると重たさがなくなりすっきりとしたデザインになります。お好みで背景とフォントを反転し書体も好きなイメージに変えて白抜きにしてみるというのもおしゃれです。
会社名と名前を英語にしてみるのもおもしろいですから試してみてください。

ビジネスシーンで活用されるパターンの一つにネイビーラインがよく挿入されるのですが、少々堅いイメージになりがちなのをソフトな感じにしてくれるのがアルファベット書体です。いろいろ試してみましょう。

シンプルなデザインのビジネス名刺一覧はこちら

タテ型名刺の一覧はこちら

デザイン名刺の場合

デザイン重視の名刺で本領を発揮するのが、英語表記の書体です。デザインの一部としてしっかり存在感をアピールしている名刺が目立ちます。
例えばごく一般的なパターンにラインをクロスさせたものがあります。カラーは何色でもいいのですが、万人に好まれる色はネイビーといわれ、またそれ以外ですとブルーやオレンジにしても華やかな感じになります。一方のラインを太めにして白抜きの英語表記書体を入れると、インパクトのある個性的なものになります。
書体はゴシックにした方が見やすいですし、全体的にすっきりします。背景を空模様にしてみたり写真画像にしてみたりしても斬新で明るく爽快なイメージに仕上がります。英語表記ロゴを白抜きにしても良いのですが、最も目を惹きたい部分にゴシックの黒を入れてみると全体的に調和が生まれますし、アピール度も抜群になります。
特に女性に人気が高い花のモチーフを配置した名刺では、社名をさりげなく筆記体にして名前の上に配置するというデザインにすると、出しゃばりすぎず上品な雰囲気になります。色は薄ピンクがおすすめですが、好みの色で表現してみるのも趣があっていいのではないでしょうか。
同じく花のモチーフを使用しているのですが、よりかわいらしさを強調したデザインにした半透明フィルム加工の名刺も、メリハリを残しながらも品よく収まったデザインになります。この時は名前の下に小さくゴシック体の英語表記が入ります。エステサロンや花関係の職場で活用される事が多いタイプです。
また、背景を黒にして字体を黄色にしたデザインは高級感と重厚なイメージを演出し見る人にも強いインパクトを与えます。サービス産業の方に好まれるパターンです。

デザイン名刺の一覧はこちら

背景を空模様にする写真名刺の一覧はこちら

半透明フィルム加工の名刺についてはこちら

縦型で作成する場合

名刺を縦型にして使うパターンはほとんど活用されることはないかもしれませんが、このタイプを好む方もいますし、英語表記を上手に利用すれば個性的でおしゃれなものになります。シンプルに横書き書体を何段かにわけて配置するだけというのも、落ち着いていて安定感がありますから若干堅めの職種向けです。
会社名などのロゴをカラーにしてワンポイントで配置してみることによって、退屈になりがちなデザインに変化を与える事ができます。この時のフォントはゴシック以外に明朝体やポップ体あるいは筆記体でも自然に見えますから、シンプルなぶんだけ応用がきく便利さはあります。ロゴの代わりにシンボルマークを使う例もあります。
同じパターンで、フォントをネイビーなどのツートンカラーにしてみたり、赤系のツートンカラーに白抜き字体といったデザインにしてみたりなど何通りものおしゃれを楽しめます。あるいはロゴの部分をカラー枠内の白抜き字体にしてみると、よりインパクトがあって人目を惹きやすいものに変わります。このように同じデザインでも多種多様なアレンジを楽しめるのが縦型の良さでもあるのです。
さらに和風仕上げにしたい時でも、縦型はアレンジしやすさを体感できます。フォントの配置は同じですが、余白部分に一筆書きのようなデザインを置いてみると和の雰囲気になります。このときのロゴはワンポイントでアルファベットにしてみても違和感はありません。
一筆書きのカラーを淡いピンク系統にすると女性らしさが出てきますし、水色系にしても味わいが出てきますからお試しください。
文字配置も縦にしたい時はアルファベットを左右右端にしてフォントもがっちりとした大きなものに変えると、違った雰囲気を楽しめます。

タテ型名刺の一覧はこちら

和風名刺の一覧はこちら

更新日: 2020/02/25 カテゴリ: ビジネスシーン 名刺デザイン
半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン