個人事業主の名刺デザインはどうする?

ビジネスを行うにあたって、名刺は重要なポイントになります。
最初に名刺交換を行いますから、ある意味第一印象を決める重要なツールになるといえます。名刺を制作する場合、自分の職種を連想できるようなデザインを心がけるといいでしょう。パッと見た感じで判断するので、職種とデザインが一致していないと違和感を抱かれてしまうからです。
最近では個人事業主として自分で活動している人も多くなっています。もし個人事業主が名刺を制作する場合、ビジネスを軌道に乗せるにはどうすればいいかを考えることが大切です。そのためには、何かあったときにすぐに連絡できるように自分の行っている事業内容や連絡先が一目でわかるようなレイアウトに意識することが大事です。
またデザインはシンプルなだけではなく、インパクトのあるような仕上がりにした方がいいでしょう。
最初のうちは個人事業主の場合、なかなか積極的にビジネスを持ち掛けてくれない傾向があります。
やはり法人と比較すると信用度が低いと思われてしまうからです。ですから一回見たら記憶に残るようなデザインにすることが大事です。すると例えばどこかに仕事の依頼をしたいときに「そういえば前にもらった個人事業主の名刺があったな」と思い出してくれ、それがビジネスチャンスにつながる可能性もあります。
個人事業主が名刺作成をする場合、一つ注意したいことに自分の肩書きをどうするかという問題があります。
このとき自分の名前だけでもいいでしょうし、何か資格を持っているのであればその資格を肩書きとして使ってみるのもいいでしょう。「代表」という表記を使っても差し支えはないです。
ただし個人事業主が「取締役」という肩書きは使えないので注意しましょう。取締役とは、経営と所有の分離した会社組織で経営を取り仕切る人のことなので、経営と所有が一緒の個人事業主の場合に使うべきではないからです。

インパクトのあるデザイン名刺の一覧はこちら

ビジネスに最適な名刺の一覧はこちら

美容師の名刺デザインの作り方

美容師が名刺を作成して営業活動していることも珍しくありません。美容師の場合、やはり華やかという印象を持たれがちなので明るいデザインの名刺を作成するといいでしょう。
美容院を利用する場合、髪の毛のカットをして美しく仕上げてくれる美容師に対して一種のあこがれを抱くという人も少なくありません。カラーリングやパーマなどのテクニックを駆使することで、自分が普段スタイリングをしているときには表現できない美しさを引き出してくれる美容師は花形の職業といえます。
このような美を意識させる職業の場合、名刺のデザインでも華やかさを出したいところです。
中には、美容師から白と黒のモノトーンで地味なデザインのものをもらったらちょっとがっかりする、というお客さんもいるかもしれません。こういった場合、お客さんが自分にどのようなイメージを抱いているかを意識してデザインを考えてみるといいでしょう。
美容師のほかにも、エステティシャンやネイリストのような職種で活躍している人も同じようなポイントを意識してデザインを検討してみてください。自分で店を運営している場合には店舗の名称を大きくすると印象に残りやすくなります。
また自分は一美容師としてお店に所属しているのであれば、自分の名前を大きめにレイアウトして覚えてもらうという方法もあります。仕上がりがよければ「また指名しよう」とお客さんもきっと思ってくれるはずです。
自分の売り上げにもつながるので、有効に活用することができます。

華やかさをだせるデザイン名刺の一覧はこちら

医療スタッフが名刺を作成する場合

自分でクリニックを経営している医者などの医療スタッフの中には、自分の名刺を作成したいと思っている人もいるでしょう。
医者の場合、美容師やエステティシャンのように華やかなイメージのものにしてしまうと逆に信頼度が低くなってしまう可能性があります。「ふざけているのではないか?」「病気になったときに本当に診察を受けても大丈夫なの?」と思われかねません。
やはり人の命を預かる重大な任務を帯びていますから、まじめさを感じさせてくれるようなデザインをベースにした方がいいでしょう。
ただしあまりにまじめさを前面に押し出してしまうと、ちょっと固すぎるというイメージを持たれるかもしれません。そうなると近寄りがたい、とっつきにくい感じになってしまいます。
ベースはまじめなものでいいのですが、ワンポイントでどこか砕けていて、親しみやすいデザインを持ってくるといいでしょう。
とはいえ、そう表現することは簡単ですが、このあたりの加減は難しいかもしれません。いろいろとシミュレーションをして試行錯誤をし、どれがちょうどいい感じのバランスなのかチェックしていきましょう。
自分だけのイメージで作成すると、周りの人との間にずれが生じる恐れも出てきます。できれば、ほかの人にもチェックしてもらって、ちょうどいい感じのデザインはどれかアドバイスをもらうのがおすすめです。
ちなみに心理学でみると、緑は安心感青は信頼感を与えることのできる色だといわれています。このようなカラーを随所に使って、デザインを考えてみるのも選択肢の一つになります。

親しみやすいデザインの医師向け名刺一覧はこちら

更新日: 2020/02/21 カテゴリ: 職業別 名刺デザイン
半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン