20代会社員はおしゃれな名刺を使ってみよう

名刺というのは会社と自分の名前を先方に知ってもらうためのツールなのですが、せっかく使用するならおしゃれな方がいいと思っている会社員が最近増えています。特に社会人になったばかりの20代の中には、おしゃれな名刺を使って自己アピールしたいと考えている方が多く、作成業者に依頼している方も少なくありません。
では、どのようにして個性を出せばいいのでしょうか。

実際に会社から支給される名刺の場合は、大抵が標準サイズになっていますが、例えば最近では切り抜き加工を行っていることが多いです。
切り抜き加工とは、例えば角の部分を丸くするなど、一部を切り取るような加工のことをいいます。通常のものと違って一気に独創性がアップしますので、相手にインパクトを与えることができる可能性があります。
ただ、あまり複雑過ぎる加工にするとすぐに折れ曲がってしまったり、かえって不格好になったりするのでほどほどにしておいた方が無難です。

また、デザインではなくて素材で勝負する方もいます。例えば、多くの名刺であれば標準紙を使用しているのですが、おしゃれにするためにツルツルとした素材にしたり、部分的に浮きだしたりすることもできます。また、紙ではなくてプラスチック素材にするのも非常におしゃれです。
20代という若い世代であれば、企業によって違いがありますが多少奇抜なデザインにしたとしても問題ありませんし、むしろ30代40代になってからになると、おしゃれな名刺を作成することに抵抗を感じるようになるかもしれませんので、挑戦するのであれば早い段階で作成して利用すると良いです。
実際にどのようなデザインにするのかもありますが、どのような加工が可能なのかは印刷会社によって異なりますので、見積もりの段階で相談するといいでしょう。

切り抜き加工ができる角丸加工についてはこちら

素材で勝負できるおしゃれな名刺の取り扱い印刷用紙についてはこちら

20代がおしゃれな名刺を作るときの注意点とは?

実際に20代の方がおしゃれな名刺を作るときには、いくつか注意点があります。
例えば、おしゃれにすることを意識するあまり、相手の名刺入れに入れにくくなってしまうことです。
通常のケースというのは、標準サイズのものが入るように作られているので、例えば一回り大きく作ってしまうと場合によってはケースに入らなくなってしまいますし、さらにファイルにも収納できなくなってしまうことがあります。
個性を出すことばかりに気を使ってしまい、もらった相手がどのような気持ちになるのかを全く無視してしまうとかえって無神経な人だと思われてしまいますので注意しましょう。

20代という年代は何に対してもチャレンジできる年代なので、攻めたデザインのものを作成しても問題はないかもしれませんが、ビジネスマナーはしっかりと押さえておくことが大事です。
また、そもそも個性的な名刺を作成することを会社が許しているかということも大事なポイントです。
会社によっては許可しているところもあるでしょうが、もしも会社から支給されているものしか使用できないのであれば、せっかく作成したとしても使うことができないので、上司に確認する必要があります。
ただ、趣味の場で使用する場合や、自営業やフリーランスの方であれば、そのような制約がありませんので、他の20代の方よりもずっと有利に交流やビジネスを進められるよう、思いっきりおしゃれなものを作成してみても良いです。
上質でおしゃれな名刺を作ることができれば、相手の印象も良くなりインパクトもアップしますので、すぐに自分のことを覚えてもらえるようになるかもしれません。

ビジネスマナーをしっかり押さえることができるビジネス名刺のテンプレートはこちら

上質でおしゃれな名刺を作ることができるデザイン名刺のテンプレートはこちら

20代のためのおしゃれな名刺を作成する業者の選び方

では、実際にどのような業者に作成を依頼すればいいのでしょうか。
最近の業者はホームページを用意していますので、まずはホームページを確認してこれまでの実績を確認するようにしてください。
名刺というのは自分や会社の顔とも言える大事なものなので、もしも品質が劣っていたら逆にマイナスの印象を与えてしまう可能性が出てきます。
しかし、今までに実績が豊富にある会社であれば、デザインの種類も幅広いので、より自分のイメージに合ったおしゃれな名刺を作ることができます。また、クオリティの高いものを作ることで、取引先やお客からの受けも良くなるように考えられているので安心して任せることができます。
また、いくらおしゃれだからといっても、費用が高くなるようでは意味がありません。確かに重要な物ではありますが、それだけにコストをかけることができないのもまた事実なので、できるだけ費用が安い業者に依頼しましょう。
お勧めは、業者同士の見積もりを比較する相見積もりを取ることです。
相見積もりを取ることでどこの業者がどのくらいで納品してくれるのか、そしていくらで作成してくれるのかがわかりますので、必ず相見積もりを取るようにしましょう。

また、納期のスピードも重視することが大事です。必要なときに手元に無いと意味がありませんので、スピーディーに納品してくれて、納期に柔軟に対応してくれる業者に依頼しましょう。そうすれば顧客満足度も非常に上がります。
ビジネスなどで成功をつかむためには、20代のうちから差別化を図ることが大事なので、ぜひおしゃれな名刺を作成して他の相手より抜きんでるように努めましょう。

品質が実物で確認できる名刺のサンプル請求はこちら

見積もりがわかる名刺の料金表はこちら

納品に柔軟に対応してくれる納品についての説明はこちら

更新日: 2020/02/21 カテゴリ: 名刺デザイン 名刺印刷業者の選び方
半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン