名刺は何のために作るのか

名刺を作成するときに、特に注意を払わないで使っている人がほとんどではないでしょうか。
名刺を作成するのは何が目的なのかを強く意識しながら渡しているという人はそんなにいないでしょう。
ただし、名刺を作って会う人に渡す理由がはっきりすると、仕事での名刺の活用方法が変わってくるかもしれません。できるだけ持っている名刺を有効活用するためにも、普段何気なく渡している名刺の意味を知っておいたほうが便利です。

名刺を作る理由としては、まずは仕事における人間関係の構築を円滑にすることですが、そのほかにもパートナーを探すために使う場合など利用価値はいくつもあります。
そして、仕事をする上では、名刺はその人自身の分身でもあります。仕事を大事にする人は、名刺にも気を使っていて、汚れたり、折れ曲がったりした名刺を相手に渡すのは絶対に良くないと考える人ほど、仕事も良くできる傾向にあるようです。
名刺を大切にする人というのは、相手を大事にしている証拠でもあります。できるだけ名刺を丁寧に扱って、必要な場面で相手に渡すようにしましょう。こうした相手に渡すタイミングも考えて渡せる人が、仕事ができる人だと印象付けられる可能性があります。

日本人において名刺がなければ、初対面の仕事相手に自己紹介をしても、その後どうやってコンタクトをとれば良いのかが分からなくなることもままあります。
相手に自分を知ってもらうだけではなく、連絡先を渡すことにもなり、何か用事があるときには名刺に書かれている電話やメールアドレス宛に連絡してもらえるようになります。このように、仕事を前提として考える名刺というものがありますが、なかにはミニ名刺というものもあります。
ミニ名刺とは個人が渡す名刺ともいえます。仕事に関係なく、個人的に作る名刺のことをミニ名刺といいます。
ミニ名刺の場合は、仕事で使うのではなく、相手に自分という人物をアピールしたいがために渡すために作ります。
ミニ名刺の製作は自分でソフトを使って製作することもできますが、業者に依頼してから製作することもできます。仕事用の名刺と個人的なプライベート用の名刺の2種類を製作して持ち歩いている人も最近増えており、プライベートの趣味の世界などで個人的に渡す名刺を作ることもあります。

仕事で活用できるビジネス名刺の一覧はこちら

プライベート用にぴったりなデザイン名刺の一覧はこちら

どんな名刺がミニ名刺として利用されるのか

いろいろな名刺がありますが、個人的な名刺を作るときにはどういった名刺が作られているのでしょうか。
会社と違って仕事ではなく、個人的な趣味やサークルなどで利用することが多いのではないでしょうか。

仕事で使う名刺と違って、ミニ名刺には面白いデザインや、名刺の中に伝えたい言葉などを自由に入れて作ることができます。そんなミニ名刺作りに、自作して自分の好きなような名刺を作りたいと思って製作をした場合、本当に思い通りの名刺は作れません。
気持ちばかりが先に出てしまい、実際に出来上がった名刺はイメージとはかけ離れたものに仕上がってしまうことは多々あります。
そうならないようにするためには、専門のプロの業者に依頼してデザインから製作してもらったほうが、イメージ通りの名刺を作ることができるのではないでしょうか。

仕事で使う名刺のように、全部の名刺のデザインを統一する必要もありません。オリジナル名刺を、いくつかデザインとして取り入れて作ることができます。
1枚1枚違うデザインの名刺を作ることも可能です。自分で製作をするのではなく、プロの業者にミニ名刺の製作を依頼する時に、このような形で何種類ものデザインの名刺を何枚も製作することが可能な業者もあります。
最近ミニ名刺作りがブームとなっていて、個人で名刺を作る人も増えてきています。単に名刺を作るのではなく、目的を持って名刺を作っている人も大勢います。
ミニ名刺を作る場合でも、実績のある業者を選んでから製作してもらわないと、イメージしていたものとは違うものが出来上がる可能性もあります。

自分でデザインした名刺の手直しもしてくれるデータ入稿コースについてはこちら

自分でデザインした名刺を注文する方はこちら

出来栄えと価格

ミニ名刺と言えば個人的に使うものですが、デザインなどは、仕事で使う名刺に比べてみても、よりおしゃれなデザインの名刺を作るのが一般的になっています。
そんなミニ名刺を作るときに気にするのは、その人の特徴や、使う目的がしっかりとしているかどうかで名刺の価値がだいぶ変わってきます。

ミニ名刺の場合は、住所などを入れなければならないといった決まりがありませんし、相手に伝えたい物を考えてから作ることでその意味があります。まずは形から入っても問題ありません。
名刺と言えば一般的に長方形の名刺をイメージしますが、ミニ名刺の場合は、そこまで意識する必要もありません。
できるだけ多くの人に会って、自分をアピールするためのものです。長方形ではなくても、正方形や三角形の名刺を渡しても相手に失礼ではありません。
相手にインパクトを与えてくれる名刺づくりが重要なのです。要するにデザインは、自分で考えるのが一番で、これさえもっていれば、その後の生活の中でも恩恵を受けられることでしょう。

おしゃれなデザイン名刺の一覧はこちら

形を自由に変えられる!型抜き名刺についてはこちら

デザインを自分で考えて名刺を作成したい方はこちら

更新日: 2020/02/10 カテゴリ: 名刺デザイン
半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン