名刺とWEBデザイン実は同業者

ビジネスに欠かせない名刺は一般的にイラストレーターもしくはフォトショップで作成されますから、作成依頼する時もそれらのソフトによるデータ入稿が可能です。デザインはもちろんオリジナルです。そこまで作業できるなら自分で最後までやれそうなのですが、完成度の高さはやはりプロの方が当然ですが高くなります。
会社の顔ともなる名刺ですから、どこに出しても恥をかかない完成度の高い製品が欲しいと思うなら、プロに依頼するのが一番です。
何よりも手間が省けますから自作品を準備できる時間がないという人や、納得できるようなデザインが思いつかないという人でもプロなら安心です。
またデザインはそのまま自社ロゴにもなるわけで、実際自社ホームページに名刺と同じロゴが使われているのをしばしば見かけます。
ホームページの要であるデザインもイラストレーターおよびフォトショップで作成できますし、そのままホームページ作成ソフトにデータを移動させれば、見た目のかっこいいホームページが完成します。
名刺に自社情報を掲載するにせよ、ホームページを作成するにせよ作業するのはデザイナーですから、共通の同業者に依頼することになります。実際仕事を募集しているデザイナーの多くがWEBと名刺両方のサービスを提供しています。
もちろん名刺だけでも知人や友人あるいは取引先に自社アピールをすれば何かの折りに思い出してくれるでしょうが、やはり幅広く事業を展開したいのであれば、ホームページ作成も検討の余地が大いにあるでしょう。
SNSもビジネス各業界を席巻していますが、まだまだ世の中ではブログや静的ホームページが主流ですし、文字情報主体と言われていても目や耳から入ってくる情報は刺激的で印象に残りやすい事も事実です。

イラストレーターやフォトショップで名刺のデータを入稿する方はこちら

テンプレートを使って簡単に名刺を注文する方はこちら

名刺のノウハウがWEBデザインでも利用

儲けを出せるホームページに重要なのは外見の良さだけではなくSEO知識も重要なのは当然ですし、すっきりと見やすく整理されている事も必要です。
ともすると、いろいろコンテンツを追加しすぎてかえって論点がぼやけたものになりがちです。
名刺も同様に必要最小限の情報が盛り込まれている事や、品の良いデザインで安定感を持たせている事が重要になってきます。
ここでホームページデザインと共通したものが多々ある事に気付かれた人は多いはずです。
シンプルイズベストこれがデザインの基本である事を覚えておきましょう。
すなわち名刺とホームページデザインとは根本的なところで共有部分が多いという事になります。もちろん業界によっても若干様子は違ってきます。
デザインの世界に生きている人は全てにおいて個性的でおしゃれなセンスを持って作成されている事が多く、多くの人を惹きつけますし、全体的なイメージからもどういった点を大事にしているかがわかります。
男性をターゲットにしているなら、より無機質でメカニックあるいはメタリックなイメージのデザインになりますし、名刺もシンプルで無駄がないデザインで統一されているものを多くみかけます。
女性をターゲットにしているようならホームページもカラフルで華やいだ雰囲気を演出しており、名刺も花柄やハートあるいは自然のものであるなど癒し系のものにまとめられているのを、しばしば見かけます。

あるいは意外性をついて原色を多く使った躍動的なものになる事もあります。
デザイナーはユーザーとのコミュニケーションから最適な雰囲気を演出していくのです。

デザイン名刺のテンプレートはこちら

女性向けデザインの名刺一覧はこちら

シンプルなモノクロ名刺一覧はこちら

名刺とWEBデザイン両方を依頼作成するには

名刺とWEBデザインを共通のものにする必要はまったくありませんし、少し系統の違うものにまとめるのもおしゃれかつセンスの良いものであれば歓迎ですが、別個に探すよりは同時に依頼した方が手間も省けます。
これから依頼先を探すなら名刺とホームページ作成と同時に受け付けてくれるところを探してみましょう。デザインは感性の問題であるのと同時に熟練した技が冴え渡る世界でもありますから、なるべく実績のある業者に依頼した方が間違いありません。
もちろんデザイン性に関しては熟練した職人よりも新人の方が目を見張るような斬新なアイディアで自社PRに貢献してくれる事もありますから、コストパフォーマンスで検討してみると良いでしょう。
ホームページデザインは正直いって安いものではありません。それだけ時間と手間がかかっている由縁ではあるのですが、自社のイメージに合わないのであれば使いようがありません。そのためにもWEBサイトをいくつか見て回って業者の雰囲気を比較検討してみるのがオススメです。
広告ポスターなど今後も何かとお世話になる可能性もあるようなら、どういったコンセプトでやっているかも気になりますし、柔軟に対応してもらえる事も重要です。
もちろん納期に余裕を持って間に合わせる事は常識である事を考えると、どうしても個人で運営しているところだと不安が残ってしまう傾向にありますから、口コミや人気および評判などで問題がないと確信できるところにまずは依頼してみるのが最良ではないでしょうか。

早速名刺を注文する

更新日: 2020/02/10 カテゴリ: 名刺デザイン
半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン