名刺入れは相性の良いものを選択しよう

ビジネスパーソンには社会的な常識が求められ、日頃からそのことを意識してビジネスをしている人も多いものです。
例えば遅刻厳禁などはもちろんのこと、その他にも相手を不快にさせないような挨拶や、お付き合いの仕方など、社会で求められる幅広い知識を習得している人も多くいます。

ビジネスの礼儀として、欠かすことができないツールに名刺があります。
利用シーンとしてはクライアントと挨拶をする時、営業をする時、セミナーに参加した時など、様々なシーンを挙げることができるでしょう。
企業においてはクライアントがいなければビジネスが成り立たないところも多々あります。
例えば商社の中には会社にクライアントになってもらい、商品を紹介したり、売り込みをしている人もいます。
クライアントは日頃から注文をしてくれるので、それなりのマナーを持って接しなければなりません。そのため、挨拶をする時は名刺を差し出して、名前を覚えてもらい、次回も注文してもらうことができるように電話番号などを記載しておきます。
一般の家庭などに営業をする会社においても、挨拶をする時にどこの会社から来ているのかを相手に紹介するために用います。
セミナーにおいては同じ業種の関係者が多く訪れることもあるため、失礼がないように交換をすることがあります。
このように様々なところで交換のやり取りが行われますが、一般的に裸の状態で持ち運びをする人は少ないものです。また、財布などに入れておいて交換をすることは、クライアントの中には失礼であると思う方もいるため、実際には名刺入れを持参してその中から取り出して交換をする人がほとんどです。
名刺入れは一般的に様々な要素と相性の良い物を選択する人が多くなっています。例えば用紙の種類で選択する人もいます。
今では以前からある素材を使用した用紙ではなく、半透明フィルムや特殊な仕上げ加工が施されている用紙もあります。用紙に皺が入らないように、加工したデザインに影響を与えないように相性を考えて選択する人が多いです。また、ビジネスとの相性も考慮する人が多くなっています。
名刺入れにも様々な種類があり、ビジネスとの相性が良くないものはクライアントに不快感を与える可能性があります。例えばあまりにも素材が安く見えるものなどです。
ビジネスとの相性を考えることによって、失礼を与えることがない良い名刺入れを選択できる可能性もあります。
このように様々な相性を考慮して名刺入れを選択することで、ビジネスに活用できるものを選択できるようになるでしょう。
名刺の取り扱い用紙についてはこちら

半透明シリーズの名刺についてはこちら

名刺について知っておきたいこと

名刺を業者に依頼したいと思う企業も少なくないでしょう。確かに現在では家電量販店などに足を運べば用紙を購入することができます。また、アプリケーションなどもインターネット上で配布されているため、自社で作成をすることができないということはありません。
しかし、業者ではデザイン性に長けているケースが多く、利用している企業はとても多くなっています。
先ほど少し触れましたが、用紙には素材があります。この素材の選択でクライアントが自社に興味を持ってくれる可能性が高くなるということを理解しておく必要があるでしょう。
例えば実際にクライアントと交換をすれば、その素材にクライアントが触れることになります。
もし他社とは違う用紙が使われていれば、その素材についてクライアントから話をしてくれる可能性があります。そのため、その話からビジネスの話に発展するケースもあり、話の種として活用できることが考えられます。
当然クライアントと話が盛り上がれば関係性が近くなる可能性もあるので、一定の利点を感じられる人もいるでしょう。
企業の中には用紙だけでなくデザインに対しても考慮している人がいます。例えば写真を取り入れて名前と顔を覚えてもらうように配慮している人もいます。このようなことを知っておくことで、ビジネスの参考になるのではないでしょうか。

デザイン性に長けている名刺のテンプレートはこちら

素材を実際に触って確かめることができるサンプル請求についてはこちら

業者選びを知り自社の好みのところを選択する

名刺の依頼を受け付けてくれる業者は日本にはたくさんあります。
今では直接店頭に足を運び注文を依頼するのではなく、インターネットから注文を受け付けてくれるところもあり、注文の利便性が高くなったと感じる人も多くいるでしょう。
実際に企業の中には注文を業者に依頼したいと考えるところもあるでしょうが、今ではたくさんの業者が制作のサポートをしてくれるので、選び方に困ることも少なくありません。
選び方のコツは複数ありますが、まず名刺入れとの相性を考慮したいという場合は、用紙の素材を複数扱っているところを選択しましょう。素材を多く扱うところを選択すれば自分の名刺入れと相性の良い物を選択できる可能性があります。
さらに緊急で準備しなければならない機会に遭遇することもあるので、そのような場合はスピード納品を提供してくれるところを選択し、名刺を切らしてしまうというリスクを軽減しましょう。

種類が豊富な名刺の取り扱い用紙についてはこちら

名刺を早速注文する

更新日: 2020/02/07 カテゴリ: ビジネスシーン
半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン