新人研修等のために名刺を作ろう

学校を卒業して、社会人になると必要になるのは名刺です。新人のための研修ではもちろん、様々なビジネスシーンで交換するという場面が出てくるのは否めないので、早めに作成をしておいた方が良いでしょう。こういったことが営業成績に響く可能性もあるので、ビジネスシーンに映えるタイプの物を作りたいものです。

インターネットを利用すると、オリジナルの物が簡単に作れて便利です。
自身の印象を伝える物として、ビジネスシーンでは欠かせないので、慎重にデザインを選ぶようにしましょう。
相手に強い印象を与える方が良いでしょうが、あまりに突出したデザインだと、良くない印象を持たれてしまうので注意が必要です。シンプルな中にも少々の遊び心があったり、目を引くカラーを使っていたりと、印象深い物であることも大事ですが、そういった中に上品さスマートさが隠れ見えるようなものが人気を博しているようです。
インターネットにおいて、人気順となっているところを見てみるのも参考になって良いでしょう。そういったデザインを見ながら、自分だったらどのようなものを作りたいかを考えてみることをおすすめします。

会社に入ると、研修以外にも自己紹介の手段として名刺は広く使われます。そのため印象の良いものだと、名前を覚えてもらえる可能性が広がります。そうなると、顧客獲得のチャンスとなるかもしれないので、こういった出会いは大事にしておきたいものです。
チャンスは、このようなちょっとした心がけで活かせるものなのです。まずは、このようなチャンスを逃さないように常にアンテナを張りめぐらせ、新しい人との出会い一つ一つを大事にしましょう。こうした出会いが新人にとっての宝物になるはずです。

初めて名刺を作成する方はこちら

名刺のサンプル請求はこちら

新人研修で名刺の渡し方を覚えよう

会社の研修では名刺交換の仕方を教わることが多いでしょう。これは、社会人としてのレベルの高さを示すバロメーターになりかねない大切なマナーです。後々恥をかかないように、この時期にしっかりと習得しておきたいものです。
こうしたことは社会人同士のコミュニケーションに繋がりますし、会社同士の取引にも関わるので、仕事の幅を広げる上でも大事なビジネスシーンの一環となります。
ここで、そういったシーンに関する注意を示しておきます。
相手の会社名が書いてあるところに指を置かないこと、目下から先に渡す、相手から頂いたものにメモをしない、相手が差し出した高さより低い位置に差し出す、テーブル越しに渡さない、ポケットや財布から出すということをしない、汚れたもの、折れ曲がってよれよれのものを渡さないなど、多々ありますが、どれも社会人としては当然の常識なので、普段から気を付けるようにしましょう。
特に目上の人に対しては謙虚さが必要であるため、常に気配りをするなど研修で覚えたことに加えて心掛けておくと良いでしょう。

このような一つ一つの心配りは、常日頃の行動から気をつけたいことです。
例えば家庭においても、親やお年寄りを敬うということから、会社での目上の人に敬意を払うといったことにつながるので、日々の心掛けというものが大事になってくることが分かります。
日々の生活を見直し、名刺交換などの場でも活かしてみることが社会人としての第一歩です。

社会人に欠かせないビジネス名刺一覧はこちら

新人研修を活かして名刺を活用しよう

研修で学んだことは普段の仕事に活かさなければなりません。
ここでは、どのようなことがあるかを紹介します。参考にして、自身の仕事の糧にするようにしましょう。

名刺を活用するためにはマナーが大事ですが、それ以前に切らさないようにすることが重要です。こういったことは疎かになりやすいので、常日頃から気を配っておくことが社会人の常識です。
そのためには、作成するときに多めに作るように心がけましょう。このくらいで良いだろうと思って作っても、足りなくなってしまった場合、再注文はできますが納期があるのですぐには手に入らないでしょう。こういった事態はできれば避けなければいけません。
よって、作成の時点で多いかなと思うくらいに余分に作っておくことをおすすめします。そうすることで、安心できることは間違いないでしょう。
ストックしておくためには、ケース等が必要です。これも早めに用意しておきましょう。自身のものを入れて、常に何枚くらいあるか確認しておきましょう。
その他にも頂いたものを保管するケースが必要です。その場合、立場の高い人順にするなど、後で困らないようにきちんと整理しておくことが大事です。自分なりにわかりやすい方法を考えて整理しておきましょう。
そういったことはいつか仕事で活かせるはずです。研修で培ってきたものを活かし、人とのつながりを深めながら、新しいビジネスシーンを獲得しましょう。
この類の基本的なことができる人なら、どんなことがあってもうまく切り抜けられるでしょうし、機転をきかせた良いアイディアで活躍できる可能性もあります。研修で学ぶような基本を自身のビジネスでも活かしましょう。

名刺を早速注文する

名刺再注文の仕方はこちら

更新日: 2020/02/07 カテゴリ: ビジネスシーン 名刺交換のマナー
半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン