さまざまな場面で活躍する名刺

会社から支給される名刺を使うというのは、当たり前のことです。ですが、自営業やフリーランス、これから就職活動をするために名刺を作るという人も増えてきています。
さまざまな場面で使うことが出てきますが、持っているだけで役に立ったという人も少なくありません。
また、こうした理由はなく、自分の紹介ということで作る人も増えてきました。それだけコミュニケーションツールとしても役に立つということでしょう。コミュニケーションツールとして考えた場合には、一般的な企業の名刺とは、また違った観点が生まれてくるようになります。
自分という存在を強くアピールするためのツールとして考えた場合には、自分らしい印象をつけるということが必要になってくるからです。強い印象付けということを考えた場合、個性派の名刺を作るということもひとつの選択になってくるでしょう。
自分で作ったりすることもできますが、プロの手にゆだねた方が、印刷の精度も上がり、しっかりとした印象を与えるようになってくることは確かです。

印刷会社というと、以前は大口しか受けなかったことがほとんどですが、現在は違います。
個人用の小口印刷も受け付けており、小ロット印刷でも安価に手にすることができるようになりました。対応もしっかりとしており、サービスも充実しているため使いやすくなったといえます。
特にインターネットで注文できるサービスは、納期も短く驚くほど便利です。こうしたサービスを有効に活用すれば、個性派の人でも満足できるものを作ることができるようになるでしょう。

個性派の名刺を自分で作成する方はこちら

自分で作成した名刺を注文する方はこちら

個性派でも重要な情報は埋もれさせない

個人として考えると、名刺のデザインはかなり自由度を高めることができます。かたちを変えることもできますし、デザインも自由にすることができるでしょう。
方法は様々ありますが、どこかに特徴的なポイントを置くことで、印象は大きく変わっていくことになります。
そこで注意しなければいけないのが、どんなに個性派の人であっても、名刺の利用価値ということを見失わないようにするということでしょう。自分を知ってもらうということで使用するのですから、まずは名前が読めなければ意味がありません。
個性的にするということで、さまざまなフォントを使うことも出てきます。アルファベットを使うというのもひとつの方法でしょう。しかし、フォントによっては、非常に難読になってしまう可能性も出てきます。
自分が読めるから大丈夫というのではなく、渡した時に相手が読めるのかどうかということを考えていかなければいけません。
これは、連絡先などにもいえることです。企業用とは異なり、会社名などが入らないことも多いでしょう。だからこそ、様々なことが連想できるような工夫も必要になってきます。
デザインに凝るばかりで、こうした連絡先などがわからないようになってしまうと、名刺としての効果が失われてしまうため、注意をしなければいけません。
最近では、個人事業者のほかにもさまざまな名刺を作る場合もあります。特殊な仕事の場合が多くなりますが、この場合でもデザインの中に連絡先などが埋もれてしまったりしないように注意が必要です。

形を自由に変えられる型抜き名刺の一覧はこちら

自由にデザインを作成する方はこちら

デザインをまとめるためにテンプレートの活用も

名刺の個性を高める方法としては、いろいろな手段が考えられます。
イラストを使うというのは、その中でも重要な方法でしょう。
すかしてみたりすることもできますし、名刺の中に取り入れていくことでアクセントにもできます。
名前と連絡先を区切る線の代わりにイラストを使うことで、印象をはっきりとさせる効果も期待できるため、使い方次第で効果を広げることが可能です。
色の使い方によっても、印象は大きく変化させることができるでしょう。
写真を使ったりすることもできますが、ここでも名前や連絡先が埋もれてしまわないように注意が必要です。文字の大きさのバランスなども気をつけておけば、イラストや写真を効果的に利用することができるようになります。

特に注意しなければいけないのが、背景として利用する場合でしょう。色によっては文字が読みにくくなります。
こうなると、個性派というより、よくわからない名刺になってしまうことも出てきますので、自分が受け取ったときの印象も考えて作ることが必要です。

実際に作ってみると、バランスがとても難しいものであることに気づくでしょう。
そこで、個性を出すためにも、印刷会社の持っているテンプレートを利用するという方法も一つの手です。
様々なテンプレートが用意されており、それぞれ個性的なデザインになっています。効果も考えてデザインがまとめられていますので、うまく工夫をすれば自分らしい名刺を作り上げることができます。
名刺という小さな紙面の中にデザインをまとめるのは大変難しい作業でもありますので、迷ったときにはうまく利用していくといいでしょう。

写真入り名刺のテンプレートはこちら

種類が豊富なデザイン名刺のテンプレートはこちら

更新日: 2020/02/06 カテゴリ: 名刺デザイン ビジネスシーン
半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン