更新日: 2020/01/31 カテゴリ: 名刺デザイン ビジネスシーン

最近の名刺事情

名刺は、小さなカード一枚の中に、連絡先名前、そして自分がどういう仕事をしているのかどんな人間なのかを伝えることのできるビジネスシーンでとても大事な役割を持っているアイテムです。
名刺は、会社から支給されたり、自分で用意したりなど様々な経緯で持つことが多くなります。自分を最大限にアピールできるようなデザイン、先方様にインパクトを与えられるようなデザインになっていると、小さな紙一枚が価値あるものに変わります。
ご自身で作っている方、これから作るという方はもちろん、会社から支給されている方も、出来る限りご挨拶の時に強く印象を残せるようなものを用意しておきたいのではないでしょうか。

今ではパソコンの普及とともに、何かをデザインする、絵を描くという技術がどんどん進んでいます。名刺も、色、模様の他に自分が好きな写真、自分自身の写真を絵にしてデザインすることができるようになってきています。
専門的に作成している会社も多くあり、デザインや加工もその会社によって違っていますので、様々なデザインの中から選び、作ることができます。最近では、名刺に自分の「似顔絵」を入れたデザインを選ぶ方が多くなっています。

インパクトを与えられるデザイン名刺のテンプレートはこちら

自分で名刺を作成する方はこちら

なぜ写真ではなく似顔絵なのか

名刺に自身の写真を入れてデザインする方も増えてきています。
写真を入れる場合、自営業の方であれば比較的柔軟にデザインを施すことが可能でしょうが、企業の中の一人として仕事をされている方は、TPOに合わせ、スーツ姿で笑顔も控え目にするなど、履歴書の写真に近いものを選んでデザインに採り入れることが多くなるでしょう。
確かに顔を覚えてもらうという意味で、写真は効果的です。しかし、最近写真を入れたデザインで作成する方も多くなっていますし、写真写りが良くない方もいらっしゃいます。
似顔絵は、写真では緊張してぎこちなく見える笑顔も、タッチや色使いで自然に、柔らかい笑顔にすることができますし、特徴のある部分やチャームポイントを強調することもできます。
また、写真を載せるのは恥ずかしいという方でも抵抗が少ないというメリットがあります。

新入社員として初めて営業などを行う際は、ビジネス上のコミュニケーションをとることに慣れていないという方や会話が得意ではないという方もいらっしゃるでしょうが、似顔絵を入れることが会話のきっかけ作りになることもあり、心強いビジネスアイテムになるでしょう。

好きな写真を載せられる写真名刺のテンプレートはこちら

自分でデザインを考えて名刺を作成する方はこちら

似顔絵の入った名刺を作る方法や費用は?

今では、家庭向けのパソコンやスマートフォンでも、写真加工用のアプリケーションをインストールしていれば、自分で写真を加工して、実際に撮影した時よりもきれいに見せたり、少し工夫をすると絵に近いような加工を施したりすることも可能です。
また、プリンターもどんどん進化し、自分でもきれいに印刷ができるようになってきました。パソコンの操作に自信がある方やプライベートで使うという方は、ご自身で作成するのも方法の一つです。
しかし、プライベートでも仕事でも使えるようなしっかりとしたものを作りたいという場合には、プロの名刺作成会社に依頼するのがおすすめの方法です。
もちろん自分で作るよりコストはかかることになりますが、自分で名刺を作って印刷する時間や完成度を考えると、専門の会社に依頼する方が満足のいく似顔絵入りの名刺を作ることができるでしょう。
検索サイトで「名刺 似顔絵」と入力して検索をすると、たくさんの作成会社が出てくるので、価格や自分の好みで選ぶことができます。

写真を送って、それを元に似顔絵を描いてもらうことになりますが、細かくこちらの要望に応えてくれることが多くなっています。
一度出来上がったものを修正する場合は、最後まで無料のところ、ある程度の回数以降はオプション、というところなど様々となっていますので、この点も予め確認しておくと良いでしょう。
似顔絵については、上半身のみ、また全身の場合はオプションで追加料金になることもありますが、書いてもらえるところもありますし、多種多様なデザインやコース、オプションを選ぶことができる作成会社があります。
サンプルをホームページで確認できるところが多くなっていますので、気に入ったデザインを見つけたら、見積もりや相談をすると良いでしょう。
そして、もうすでに決まった名刺があるという方、名刺は会社から支給されているという方は、名刺に貼ることができる「似顔絵のシール」を作ってもらえるサービスを使う手法も良いでしょう。

このように、今までとは一味も二味も違った個性のある、似顔絵入りの名刺を使って、沢山の人に自分がどんな人なのか、どういう仕事をしているのかということを上手に伝えることができれば、渡した相手により強く印象付けることができます。特にビジネスシーンで重要となるアイテムですので、以上のことを参考にしてよく考えて作成するようにしましょう。

名刺の料金についてはこちら

名刺のサンプル請求についてはこちら

半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン