名刺作成の注意点について

名刺交換をして、この名刺は取扱いに困ると思ってしまったことはないでしょうか。人と違う名刺を作ることは印象に残すための一つの手法です。しかし深く考えず、ただ単に、色の種類を増やすだけで良いと思って作ると、逆にもらった相手に迷惑をかけてしまうこともあります。
相手に自分を印象づけることは重要ですが、相手のことも考慮して作成をするべきでしょう。ここではこれから作成をするという人のために、名刺作成をする上で用心しておきたいポイントについて紹介をします。

まず常識的なことですが、本名が記載していない名刺は作成すべきではないでしょう。状況により異なりますが、例えばビジネスシーンなどの場合、本名が記載していないとなると信頼関係にも影響する場合があります。そのため本名の記載は忘れないようにしましょう。
人によっては印象づけるためにあえてニックネームなどを使う人がいますが、時と場合により逆効果になってしまうこともあります。ニックネームを記載することは悪いことではありませんが、その際には本名も一緒に載せるようにしましょう。

次に連絡先を必ず記載することです。今はSNSの時代となっているので、SNSのアカウントだけを載せている人もいます。確かに現代の名刺では、SNSのアカウントを載せたりすることは大切な要素となっています。
しかし、メールや電話などでコンタクトがとれないと仕事上では不利になることがあるので、連絡先の記載をまず初めに考えるようにすると良いでしょう。

また、サイズも用心すべきポイントです。名刺には様々な大きさが存在していますが、明らかに小さかったり大きかったりすると、渡された相手が取扱いに困ってしまうことがあります。
相手に衝撃を与えるための方法の一つとして寸法を変更することもあります。しかし、あまりにも大きく変更をしてしまうと相手に迷惑をかけることになるので、大きさに関しては一般的なサイズにする方が良いでしょう。

最後に用心すべきポイントは文字です。今ではパソコンなどから考案をして色々な名刺を作成することが可能になっていますが、名刺の書体は読みやすいかどうかが重要です。
例えば他人との差別化を図るため、派手な毛筆で作成をする人もいます。しかし、派手すぎる毛筆だとかえって読みづらくなります。変わった毛筆を使う場合は、誰が見ても読めるものを使いましょう。しっかりと記載事項を認識してもらうことができればその分、相手にも残りやすくなります。
このように、注意したい点について紹介をしましたが、名刺作成は特に仕事の場面ではこだわった方が良い点もあります。用心すべきポイントをしっかり押さえることで、効果的なものが出来るでしょう。

ビジネス名刺のテンプレートはこちら

自分で名刺を作成する方はこちら

名刺作成で用紙にこだわる

名刺作成時に、デザインをどのようなものにしようか悩む人もいるでしょうが、他にも悩みがちなのが使用する用紙です。
種類もたくさんありますが、近年注目を集めているのが半透明のシリーズです。
一般的な名刺とサイズは変わりませんが、その名の通り半透明で透けている名刺です。
この名刺を利用する利点としては、インクの色が綺麗に発色することが挙げられます。半透明になっており、透けることで綺麗に色を表現することができるので、例えば光などを通すと通常の用紙よりも輝きが増します
また、相手の印象に残るのも半透明用紙の利点です。通常の名刺だと、これは誰のであったかなど忘れてしまった経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。渡すときに忘れられてしまっては意味がありません。しかし、半透明の用紙なら通常の名刺とは違うため、受け取る側も珍しく感じ、印象に残せる可能性が高くなります。せっかく交換をするなら覚えてもらいたいと思うのが普通でしょう。

用紙について検討している方は、しっかりアピールできる半透明シリーズでの注文を検討してみてはいかがでしょうか。
このように利点がいくつかあるので、個性をアピールする機会が多い美容院や、クリエイティブ系のお仕事に就いている方システム構築などの最先端を目指す職業の方私的なことで名刺作成をしたい方などは、とても有効的に活用ができるのではないでしょうか。

半透明シリーズの名刺についてはこちら

パールのきらめきを感じられる半透明フィルム名刺についてはこちら

ミルクのような白さが魅力の半透明フィルムホワイト名刺についてはこちら

名刺は毛筆など書体にもこだわる

名刺には毛筆など様々な書体が使われています。
しかし、作成する時に様々な種類があるのでどれを選ぼうか迷う方もいるでしょう。名刺を作る時に人気の書体はいくつかあると言われていますが、その中でも人気なのが明朝体です。
名刺の中でもオーソドックスなもので、何といっても読みやすいのが魅力的です。見慣れていますし、多くの人たちから愛されています。読みやすさを重視しているなら明朝体を使うことについて検討をしてみましょう。
この他にも楷書体などがあり、毛筆の書体同様、和のイメージを与えられる書体です。
日本のイメージにピッタリなので、和のイメージで完成させたいと思っている人は、楷書体の使用、もしくは毛筆の書体の使用について検討をしてみると良いでしょう。

更新日: 2020/01/31 カテゴリ: 名刺用紙 名刺のこだわり
半透明名刺で作成
スタンプカードキャンペーン