名刺作成のファーストTOP > コラム > オリジナル名刺の作成は用紙を選ぶところから

オリジナル名刺の作成は用紙を選ぶところから


インターネットで色々なものが注文できる時代ですが、名刺印刷もインターネットで注文することができます。当然のことながらオリジナル名刺も作成可能です。ここ数年は印刷業者の間でもインターネット注文に対応できないと生き残りが厳しくなってきています。



かつてオリジナル名刺の作成といえば、会社のロゴを入れる、レイアウトも他社に比べて品よく目立つようになど時間をかけて作成されてきました。しかし、現在はパソコンが普及し、通常の文書作成ソフトでも名刺の原稿を作成することが可能で、オリジナルのロゴや書体の指定、文字の大きさも自分がイメージ通りに印刷の原稿を作ることができます。



できあがった原稿はメールや専用のWEBサイトで入稿するだけでオリジナル名刺を作成することができます。



オリジナル名刺には名刺そのもののレイアウトだけではなく、名刺に使用する用紙にも関連してきます。他の人とは違う用紙を使用することで名刺を渡す相手にインパクトを与えることができます。オリジナル名刺というと自宅で印刷するイメージを抱く人もいますが、専門の印刷業者に依頼をすることでビジネス現場で使用されている複合機などでも印刷が難しい用紙を使用して名刺印刷ができるようになります。




家庭用プリンタで名刺印刷ができる用紙は、一般的なプリンタで使用可能な用紙です。用紙の厚みもプリンタに不具合が起きないようになっていますが、郵便はがきの厚みを超える場合、プリンタが用紙を受け付けないことが多いようです。そのような厚い用紙であっても、印刷専門業者であれば対応可能です。



用紙の表面に凹凸がついていると家庭用のプリンタでは印刷の仕上がりにムラができることがあります。文字などは均一に印刷されることが望ましいと言われていますが、用紙の凹凸でインクの濃いところと薄いところができてしまうのが家庭用プリンタです。印刷業者が使用している機械は用紙表面に凹凸があっても均一に印刷も可能で、通常印刷が不可能と言われている金属類などにも印字可能なインクなどもオプションで用意している場合があります。金属を使用した名刺をサンプルとして使用している看板、プレートを製作会社もあります。



オリジナル名刺に使用される用紙が特殊なものの場合、印刷にオプション料金がかかることがあります。それでも特徴的な名刺がビジネスチャンスを広げるのであれば、新規の取引先を開拓するために試行錯誤で利用してみるという方法もあります。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a