名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺印刷を翌日までに行ってもらう方法

名刺印刷を翌日までに行ってもらう方法


名刺印刷を業者にしてもらうとなると数日間かかる物ということは、誰しもがイメージとして持っていることです。



確かにかつてまでは名刺の印刷にはそれなりの手間がかかるものであり、一度発注を出しても数日間かかることが珍しくありませんでした。



しかしこれはかつてまでの話で、現在では名刺印刷を翌日までに行ってもらうことができるようになっています。



こうしたことは急ぎで名刺が必要な場合などは非常に重宝することとなりますが、では名刺印刷を翌日までに行ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか。



・翌日までに行ってもらう方法



この方法としてはそれぞれの業者によって若干異なりがありますが、一般的なルールとして定められているのが、前日の午前中に発注を完了するということです。



前日の午前中に発注がされたのであればその日のうちにデータの処理と印刷作業が完了し、業者の手、もしくは運送会社の手によって発注者のもとに届けられるようになっています。



以前利用したことがある業者などの場合にはデータがその業者の中に残っていることがありますから、そうした場合であれば尚のこと、早く印刷をしてもらうことができるようになるでしょう。



加えて一度利用したことがあるということで値引きをしてもらえることもありますから、懇意にしている業者を一つ作っておくと、後々お得になるためおすすめです。




・その際の注意点



ただこうした名刺印刷にはいくつかの注意点があり、特に注意したいのが凝ったデザインの名刺を発注する場合です。



それぞれの発注者が独自に作ったデザイン等の場合はその最たる例となりますし、箔押しなど特殊な印刷を行う場合は例え朝一番に発注をかけても納品が遅れることがあります。



こうしたことについてはそれぞれの業者に問い合わせをかければまず必ずこたえてくれますし、最近だとそれぞれの名刺印刷会社のホームページに注意点や備考として書き加えられていることもありますから、事前にチェックしておいた方が良いでしょう。



またその業者と納品先の距離があまりにも離れている場合も、納品まで時間がかかることがありますから注意しましょう。



・翌日までに印刷してもらうことのメリット



このような注意点をしっかり考えておけば、翌日までに名刺印刷を完了させてもらうことは可能になっています。



特に出張先で名刺を切らしてしまった場合や、名刺の発注を忘れていた場合、トラブルで名刺を紛失した場合などにはとにかく急いで補充をしなくてはなりません。



現段階で必要が無かったとしてもトラブルが起きる可能性は常にありますから、こうした業者を一つ見つけておくと安心できるでしょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a