名刺作成のファーストTOP > コラム > 縦型の名刺印刷で個性を発揮

縦型の名刺印刷で個性を発揮


名刺は、会社や社員をお客様に知ってもらう入り口として大切なものです。名刺交換は、単に仕事上の取引をしたいということではなく、お互いを尊重し合えるビジネスの相手としてのお付き合いをはじめたい、という気持ちを伝えるチャンスなので、個性的な名刺で覚えてもらうと同時に、会社のイメージや渡す人の印象も良くなるような名刺が理想です。



名刺は、横型で作る人が多いのですが、最近は、アルファベットや数字が横書きの方が読みやすいから、という理由が多いようです。昔は、日本語がもともと縦書きなので、名刺も縦型だったのですが、電話番号にFAX番号、ホームページやメールのアドレスと、アルファベットや数字で記載する内容が増え、横型の方が読みやすく、恰好が良いと思われてきたからです。




縦型の名刺でも、アルファベットや数字が読みやすい方法があります。それは、用紙を縦に使い、名刺印刷の文字の方向を横にすると良いのです。余白を効果的に使うことができ、とてもスタイリッシュに仕上がります。コピーライターやスタイリストなど、おしゃれ度を求められる仕事に就いている人の名刺に多いようです。文字をたくさん入れたいなら、横型の方が良いのかも知れませんが、縦型の名刺印刷をしている人は少ないので、それだけで個性的ですし、デザインや背景を効果的にいかせる名刺になるのでおすすめです。現代的でおしゃれな名刺ばかりではなく、古くから続いている老舗の会社などは、日本らしさを大切にした縦の名刺印刷で、会社のイメージを伝え、存在をアピールするのも良いでしょう。



名刺のデザインは、名刺印刷を頼む時に、一番悩むことですが、印刷業者は、豊富なレイアウトデザインを持っていて、参考になるものがたくさんあるので、その中から気に入る物をまず選び、自分仕様にアレンジしてみてはいかがでしょうか?文字の配置やフォント、かわいらしいイラストが良いか、さわやかな写真や背景が良いかなど、いろいろな名刺を実際に見てみることで、自分の好みのデザインが分かってきたり、渡す相手のことを考えた名刺選びができるのでおすすめです。また、イメージの異なる複数の名刺を作成する人が最近増えてきています。渡す相手のイメージや好みに合わせて選んだり、2回目に渡す名刺、3回目に渡す名刺など、デザインや内容を変えるという工夫をしている人もいます。相手にインパクトを与えて、覚えてもらいたい名刺ですから、アイデア次第で出会いの可能性が広がります。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a