名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成の二つのルート、好きな作成法を選択

名刺作成の二つのルート、好きな作成法を選択


名刺作成を進めるルートは、おおよそ二つあります。一つ目のルートは、自作です。



今では簡単にデザインが作成出来るソフトウェアがありますので、無料または有償のアプリケーションを用意しましょう。





フリーソフトでも満足出来るデザインが完成しますから、費用を抑制したい方は、無料版のソフトウェアがおすすめです。



基本的にネット上で無料配布されている物なら有償版のように、お金が掛かりません。



ただ、注意したいのは商業利用目的での利用です。





全くの個人でただ名刺作成をするだけなら規約違反には該当しませんが、プロの営業職や制作職の方がPR活動のツールとして、使えば立派な商業利用目的になります。



フリーソフトの中には商業利用目的での利用を禁じている物がありますので、良い無償版が見当たらなかった場合は素直に市販されている有償版を使いましょう。





そして二つ目のルートですが、名刺作成は自作以外にアウトソーシングサービスに依頼する事で作成可能です。



数十枚の名刺であれば、自分のコンピューターで自作し、家庭用プリンターでコツコツと印刷出来ます。



ただし、300枚から400枚等、大量の名刺が必要になる時は自作デザインと家庭用プリンターでは全然作業が間に合いません。





プロの名刺作成のアウトソーシングサービスに依頼しなければいけませんので、必要だと分かった時点で、ネット経由で注文を出しておきましょう。





名刺オーダーは一箱100枚単位で進めるのが一般的です。プリントアウトやデザインのアウトソーシングサービスと言えば、企業名でしか申込不可に思いますが、今では全くの個人でも名刺作成の注文が出来ます。





ネット経由で進められる名刺作成の依頼は、なんとスマートフォンやタブレット端末でもOKです。



自宅にPCが無い方でも、とりあえず手元の端末さえネット接続出来れば、問題なく迅速に作成オーダーが出来ます。



スピーディな印刷を請け負う専門企業も多いです。





月末までに500枚以上の名刺が必要になった、という突発的なニーズにも対処出来ますので、困った時は自作に走らずプロにお任せした方が時間とお金が浮くでしょう。



イラストセンスに自信がある方は、データだけで自作し、後のプリントアウト作業だけをプロに委託する手があります。





その方法なら既成品のデザインにはならず、それでいて印刷費や紙代は普通に進めるよりも安価になり、まさに一石二鳥のメリットが得られるでしょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a