名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成を当日に行いたいなら

名刺作成を当日に行いたいなら


名刺は仕事やプライベートを問わず、様々なシーンで使うようになってきました。最近は名刺作成業者も多く、安価なスピード印刷から、プレミアム志向のデザインや用紙に凝った名刺まで、様々な名刺が氾濫しています。





急に名刺が必要なこともありますが、最近の業者は即日対応を行うところも増えてきました。しかし、即日対応でも丸一日はかかると見てよく、またスピードが速い分だけ割り増し料金になっていることも少なくありません。





名刺が当日急にいる場合、自分で作ってしまうことができればどれだけ楽でしょうか。





最近は家庭用機材で名刺作成ができる環境が整ってきており、廉価で薄手の名刺用紙なら100円ショップで大量買いすることすらできるようになってきました。





また、クリアエッジ仕様で厚みのある本格的な名刺用紙も増え、家電量販店や文具店、事務用品通販でも廉価に取り扱うようになっています。また半透明用紙や色つき用紙といった、本来は業務用で取り扱っていたような特殊用紙も多く市販されるようになっており、クオリティの高い名刺が手軽に作れるようになってきました。





名刺作成アプリも、各用紙メーカーから無償配布されるようになり、レイアウトも手軽に出来るようになってきました。しかしデザインで詰まってしまうことも珍しくありません。



名刺を作る際には、まず名刺に載せる情報をまとめておきます。所属団体名、氏名、電話番号、メールアドレス、住所、ホームページアドレス等です。





社章など画像が必要な場合は、画像も用意しておきます。アナログしかない場合は、スキャナで取り込んでデジタル化してしまいましょう。名刺サイズなので、多少画像サイズが小さくても問題ないことが多いです。



QRコードも載せたい場合は、ブラウザ上でQRコードを自動作成できるサイトがありますので、そこで用意するのがよいでしょう。検索するとすぐに見つけることができます。





素材と情報が集まったら、おおよそのレイアウトイメージを頭の中に描きつつ、レイアウトを決めて配置していきます。名刺作成アプリは直感的な操作でレイアウト配置ができるようになっています。フォントでイメージ通りのものがなければ、無料のフリーフォントも多くインターネット上に提供されています。



フォント種類とフォントサイズをうまく調整していくことが、上手にレイアウトしていくポイントといえます。





印刷機は家庭用プリンタの性能が向上したため、印刷速度も速く十分な印刷精度も得られます。100枚〜200枚程度の小ロットなら、少し慣れれば数時間で作ることも可能でしょう。自分で名刺作成をすることは、実は思ったよりも簡単にできるようになってきています。覚えておくと便利ですよ。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a