名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成はテンプレートが選べる専門サービスに外注

名刺作成はテンプレートが選べる専門サービスに外注


ビジネス上手な経営者は、第三者に仕事を柔軟に任せるコツを知っています。



何でも自分一人で担当するワンマン経営者もエネルギッシュで格好いい生き方ですが、



あれもこれもと本業以外の雑用まで経営者が担っていては、肝心のビジネスが手薄になりかねません。





HP、名刺やチラシ等を自作する経営者や広報部長も世間には多いですが、第三者にお任せ出来る部分は、素直に預けてしまった方が本業に集中出来ます。



特に名刺作成などのお仕事は一見雑用に見えて非常に奥が深い世界です。





本業の合間を縫って名刺作成を自分のPCで進める方も多いですが、フォントやデザイン、レイアウト、カラー等についついこだわり過ぎて、途中で作業がストップしてしまうパターンが珍しくありません。





「この名刺サイズでは手渡した時のインパクトが薄いかな」や「フォントサイズの黄金比が分からない」といった風にあれこれ悩み続けますと、どれがレイアウト的に正解なのか不正解なのかと、まさにゲシュタルト崩壊を起こします。



名刺作成の専門サービスのHPにアクセスすれば、便利なテンプレートが予め用意されています。





いわゆる年賀状ソフトのように最初から完璧なテンプレートがありますので、後は自分の名前や住所を画面に打ち込んでいくだけでOKです。





グラフィックソフトの使用経験や美術的なセンスが問われる事もありません。



普通にインターネットとパソコンの文書作成ソフトが触れる程度のスキルがあれば、名刺作成はほんの数分で完了します。



テンプレートが下地にありますので、フォントやデザインやカラーのバランスに苦慮する事はありません。





作成した名刺デザインはそのまま専門サービスの元までネット経由で送信出来ます。



その後、専門スタッフが送付デザインの内容を確認し、間髪を入れずプリントアウトをスタートさせてくれますので、



次のパーティや業界内の集会までに大量の名刺を確保したい、といったニーズを満たせます。





名刺デザインと言えば、白地に簡単なロゴマークが入った簡素なレイアウトが主流でしたが、今では用紙全体に写真がプリントアウト出来ます。





自然風景や美しい光景がプリントアウト出来ますので、エコ運動に取り組んでいる企業や組織の方は、そういったデザインを選択しておけば、活動内容が効果的に宣伝出来るでしょう。



また背景色にイエローやパープル、ピンク等のインパクトカラーも選べます。





白地の名刺ではアピール力に欠けますので、自分の名前や企業名をきっちりクライアントに伝えたい経営者の方は、原色のデザインを積極的に指定しましょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a