名刺作成のファーストTOP > コラム > テンプレートから選ぶだけでデザイン名刺が作れる方法とは

テンプレートから選ぶだけでデザイン名刺が作れる方法とは


ビジネスの場面では初対面の相手どうしが名刺交換を交わすのが慣わしとなっています。その習慣は今や日本だけに留まらず、海外でも同じようなビジネスカードを持ち歩き、頻繁にやり取りする光景が見られるほど。その時の相手の表情や言葉は思い出せなくても、後でその名刺さえ見返せばそこには名前や連絡先やメールアドレスなどの知りたい情報が全部詰まっていて、なおかつそこを飾る個性豊かな名刺デザインによってその人の人柄やセンスの良さ、遊び心の有無なども十分に伝わってきます。いわば名刺とはその人の分身ともいえる存在なのではないでしょうか。





また、ビジネスだけに留まらず、個人単位でも自己紹介のために名刺を使いこなす人が増えています。そうやって何らかのイベントの際や合コンの際などにサッと手軽に渡すことで名刺が持つ人と人とを繋ぐというあり方はますます高まってきていると言えるでしょう。





それではこれらの名刺はどのようにして作成するのが一番手間がかからず、なおかつセンスの良いものが生み出しやすいのでしょうか。最近の潮流としてよく見かけるのが印刷会社が運営しているデザイン名刺制作を請け負うサイトです。これは利用者がそのサイトを訪れてテンプレートや文字体や文字色などを選択して、自分で納得できるデザイン名刺を自分自身の力で作り上げてしまうというもの。どのサイトでも、利用者が求める雰囲気や使用シーンなど別に数多くのテンプレートを用意していますので、必ずやお気に入りのひとつが見つかることでしょう。





こういった具合にデザイン名刺の具体的な中身が決まれば、後は印刷の発注へと移行することで簡単かつ格安で世界にひとつだけのオリジナル名刺を手に入れることができます。昔のように直接印刷会社の店舗に出向いて様々なデザインを詰めていくということをしなくていいので、その分コスト削減の面でも徹底されています。ネットを通じて注文のあり方が簡略化されているので、印刷料金は格安で、なおかつ仕上がった名刺を送料無料にて届けてくれるケースも多く、さらに一度作成したデータは長期間保存することもできるので、追加発注をかけさえすれば残り少なくなった名刺をスピーディーに補充することもできるわけです。





またテンプレートを利用しないという選択もできます。これは自分でデザインしてみたり、あるいはお気に入りの写真などを背景に利用する場合もこれに当てはまりますし、さらに手書きでラフ画を作成したものを送ることでそれをデザイナーがひとつのきちんとした名刺デザインにまで落とし込んでくれるというサービスもあります。





このようにして作成したデザインを大量印刷に回す前に、一度試し刷りをした上で送付してもらうことも可能です。そうすることで画面上のイメージと実際手に取った時のイメージに齟齬がないことを確認でき、安心して最終的な印刷をオーダーすることができるわけです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a