名刺作成のファーストTOP > コラム > 退職時に返却するものの一つに名刺がある

退職時に返却するものの一つに名刺がある


退職時に返却するものを知る



何らかの理由があり、退職を控えている方もいるのではないでしょうか。基本的に会社員の多くは、一度勤めると退職をする機会は少ないものです。一つの会社で定年まで働くという方もたくさんいます。一方でキャリアアップをする目的やヘッドハンティング、職種変更などで退職をする方もいます。通常会社を退職する時は、事前に上司に相談をして退職をすることになります。また、長年勤めている方であればあるほど、所有権が会社であるものを日頃から使っているというケースも存在しています。

例えば、入社して2カ月以内に社会保険を配られるというケースが多いです。通常個人事業主などにおいては会社に所属していませんから、クリニックなどで治療を受ける時は国民健康保険を使用します。一方で会社員においては社名が記載された社会保険を使用するのが一般的です。退職時には、健康保険被保険者証を会社に返却しなければなりません。その他にもセキュリティカードが挙げられます。会社では、見知らぬ人の侵入を防ぐ目的でセキュリティカードを導入しているところも多いです。セキュリティに敏感な企業においては、それぞれの部署にセキュリティ設備を設けて、出入りをする時はセキュリティカードをかざさなければ部屋に入室することができないようにしているところもあります。このようなセキュリティーカードに関しても、退職時には返却が求められます。

これ以外にも、退職時返却しなければならないものはあるのですが、退職者の中で困るものとして挙げられるのが名刺です。では、一体名刺は誰の所有物となるのでしょうか。基本的に所有権は会社です。そのため、自分の名刺に関しては、退職時に返却しなければなりません。また、営業職に就いている方は自分のものだけでなく、クライアントから受け取ったものや取引先のスタッフから受け取った名刺などを持っている方も少なくないでしょう。マナーとしては、これらの名刺に関しても会社に返却することがマナーであるとされています。返却をする相手としては、上司が適切です。所属する部署の部長や課長などに返却をして、なるべく自分で持ち帰らないようにしましょう。

上記では退職時の対応について紹介しましたが、退職者がいるということは中途採用や新卒で新入社員が入ってくる可能性があるということです。もし新入社員が入ってくる会社は、名刺のデザインを従来のものから新しいものに変更されてみてはいかがでしょうか。





新しいデザインの名刺を購入しよう



会社の中には、新入社員が入ってくることをきっかけとして新しいデザインの名刺を取り入れようと考えることもあるでしょう。名刺には、種類がたくさんあります。

例えば、ビジネスシーンで頻繁に使用されるものです。ビジネスシーンにおいては、なるべくクライアントや取引先に不快感を抱かせないように、シンプルでスタイリッシュなもの取り入れる企業が多いです。

文字の位置も様々あります。デザインの中には、会社名が左上部詰め、名前が右詰めというものもあります。基本的にこのようなデザインが多いですが、中には全ての文字を中央に寄せているものもあります。このように、他社ではあまり見られないデザインに特徴があるものを選択すれば、クライアントや取引先と名刺交換をした時にこのことが話題となり、そこからビジネスパートナーとして親交を深めることができる可能性があります。

名刺デザインの中には、イラストや写真などを部分的または背景として取り入れているタイプのものもあります。イラストに、その会社に関係するものを採用する企業もいます。写真においては、受け取った方が少しでも癒やされる写真を背景に使用しているデザインもあります。

会社に関連するイラストや写真などをデザインの一部として取り入れることによって、それを受け取って見た方に一目でどのような事業を展開する企業なのかを伝えることができます。ですから、名刺を見ただけですぐにどのような会社か理解してもらえるという点でメリットを感じる方も少なくないでしょう。このように、手の込んだデザインのものが通販などでは販売されていますので、購入を検討されている方は、候補の一つとして考慮されてはいかがでしょうか。





業者の選び方を知る



名刺を作成してくれる業者は数多く、実際にその多さにためらってしまう方もいるでしょう。選び方のコツを知ることで、複数ある候補から自分に合った業者を絞り込むことができるので、注文を検討している方は、まずはコツを知って選んでみてはいかがでしょうか。

コツの一つとして挙げられるのが、用紙の触り心地や厚さなどを確認できるかどうかです。通販サイトでは、通常画像で見て判断するしかないのではないかと思われる方もいるでしょう。しかし、現在では実際に手触りなどを確認したいという方に、サンプル請求サービスを実施しているところもあります。このサービスを利用すれば用紙を送ってくれるので、手触りなどを確認することができます。慎重に選びたいという方は、このような充実したサービスを提供してくれる業者を選択してみてはいかがでしょうか。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a