名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺デザイン料金について

名刺デザイン料金について



名刺デザイン料金から名刺の製作方法を考える



名刺を製作したいと考えている企業や個人の方もいるのではないでしょうか。企業の方は従来名刺交換などをして営業に活用されています。また、現在では個人の方でもお仕事のために名刺を製作したりしているのです。名刺は従来のものとは異なってきています。



例えば、従来の名刺はテキストのみが表示されているものが一般的でした。会社名、部署、名前、住所などだけが文字で記載されており、特徴的なものはあまりなかったのですが、現在ではデザインを取り入れた名刺も多くあるのです。ではデザインを取り入れた名刺を製作する方法にはどのような手段があるのでしょうか。製作方法は大まかに分けて三つあります。



一つ目は、自作で名刺を作成する方法です。今では多くの企業やご家庭にはパソコンなどが普及しているので、パソコンを操作して気軽にデザインを作成することができます。デザインをするための有名なソフトなどを活用すれば独自のオリジナル溢れたデザインで製作することができます。デザインを起こしてプリンターを用いて印刷をするだけで手に入れることができるので、自分でも製作することが可能です。しかし、自作するためにはパソコン操作などが上手にすることができないと製作することが難しくなります。確かに現在では、インターネットを活用することによって簡単に情報を集められるので、検索しながら情報を収集して製作することができます。しかし、情報を収集したりしていると時間がかかるので、時間に余裕がなくなることもあります。また、会社で製作をするケースでは製作に人員を補強しなればならないので業務に支障が生じることもあります。業者に名刺デザイン料金を支払うよりも結果的に高額になることもあります。



二つ目は、友人にお願いをして名刺作成をしてもらう方法です。友人に依頼をすることによってお礼のための料金を支払うだけでいいので、名刺デザイン料金が安く済みます。特にデザイン職についている友人がいる方は、友人に依頼することによって効率的に名刺作成をすることが可能です。しかし、名刺の用紙などにおいては市販で購入すると従来の名刺のようになってしまうこともあるので、デザイン性が少なくなることもあります。



三つ目は、業者の方にお願いをして製作をする方法です。確かに業者の方にお願いをすることによって名刺デザイン料金はかかりますが、業者にお願いをすることによって高品質の名刺を製作することができます。デザインはプロの方が製作をし、名刺制作を生業としているので、用紙に関しても豊富に取り揃えているので半透明フィルムなどで名刺制作をすると、デザインだけでなく耐久性も名刺に持たせることができます。





名刺を製作する際にはデザインの他にも用紙を考慮する



名刺を製作する際はデザインをお願いして名刺デザイン料金を支払うだけでなく、名刺に必要な用紙を選択することになります。用紙は従来のタイプの用紙から現代の高品質なものなど様々な種類のものがあるので、どのような用紙を選択したらいいのかわからない方もいます。用紙を選択する際のポイントは二つあります。



一つ目は耐久性が必要かどうかです。業種によって働く場所は異なり、屋内でパソコンをして業務をこなす方や屋外で営業をする方など様々です。屋内で仕事をする方はあまり耐久性がある名刺を必要としませんが、屋外で営業などを行うことが必要な方は耐久性の高いものを選択すると長持ちする名刺を作成することができます。例えば雨の日には耐水性が必要です。また、湿気が多い日には耐湿性があるほうが長持ちしやすいので、そのような名刺を選択しましょう。



二つ目は手触りです。手触りに関しては、当然ではありますが紙の質によって異なり、厚みのあるものや柔らかい用紙など様々なです。用紙を選択する方の中には質感にこだわって選択される方もいるのです。





名刺制作をするための業者の選び方



名刺制作をする際には業者を選択して名刺を作成する方もいます。業者の選び方のポイントは三つあります。



一つ目は、なるべく安い価格で商品を提供してくれるかどうかです。業者によっては様々なコースを設けて、なるべくお客様が安く購入することができるように努力してくれるところもあります。デザインなどを入稿することができる方は名刺デザイン料金が必要なくなるので、料金を安くすることができます。



二つ目は、サポート体制などが充実しているかどうかです。業者によってサポート体制などが異なるので、充実したサポートを受けたい方はそのような業者を選択すると、わからないことなどを相談に乗ってもらうことができます。



三つ目は、無料で見積もりなどを受け付けてくれるかどうかです。デザイン入稿注文をする際は名刺デザイン料金がかかりますので、見積もりをすると値段を知ることが可能です。無料で見積もりをしてくれることによって他の業者と比べられるので業者選びの参考になります。

ファーストのデザイン名刺一覧はこちら

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a