名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺もグローバルにするための英語表記のポイント

名刺もグローバルにするための英語表記のポイント


グローバル社会に適応した英語の名刺



グローバルな社会になり、名刺ということも世界的に通用するようになってきました。日本の文化のひとつではあったものの、海外でも便利であるということで使われるようになってきたからです。その中で、名刺を英語で作るということも出てきています。表裏両面を英語で作るというだけではなく、日本語と英語で併記するという例もあるでしょう。使い方だけではなく、作り方次第で利用価値も大きく変わっていきます。



ここで大きな問題になってくるのは、日本語との表記の違いです。日本語と大きく異なる部分も多く、単に英訳すればいいというわけではありません。下手に表記すれば、せっかくの名刺も逆効果になってしまうかもしれないのですから、よく考えて作っていかなければいけないでしょう。実際に名刺を使う場面は増えました。経済的にも社会的にもグローバルな社会となり、英語圏を含めさまざまな国の方と接する機会もあるでしょう。



オリンピックを控えていることもあり、今後もっと多くの機会が訪れます。その機会を逃すことなく活用するためにも、英語の名刺を持つということが重要な意味を持ってくることでしょう。コミュニケーションツールとして、大きな役割を果たすものなのですから、英語で書かれている名刺を持ち、活用していくことが重要となってくることは間違いありません。





住所や電話番号の表記



英語表記にする場合、まず困るのは株式会社や有限会社の表記でしょう。どういった表記にするのかによって、違いがあると考えるからです。一般的な表記は3つあります。Company Limitedの省略形であるCo.

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a