名刺作成のファーストTOP > コラム > 個人事業主の名刺デザインの注意点

個人事業主の名刺デザインの注意点


ライター、デザイナー、エンジニアなど、今の時代は会社を離れてフリーランス、個人事業主の立場で仕事をする人も多くなっています。このような個人事業主たちに必須のビジネスツールの1つが「名刺」です。会社に属していれば会社の名前で仕事をすることも出来ますし、良くも悪くも会社に対するイメージが1人1人の社員のイメージになることがあります。しかし個人事業主は「自分が何者であるか」「自分は何を提供出来るのか」をわかりやすく、積極的にアピールする必要があります。そのための1つの手段として名刺は非常に効果的です。効果的な名刺デザインを活用することで、自分に注目してもらうことも出来るでしょう。名刺デザインはその個人事業主そのもののイメージも左右するため、出来ればプロに頼む方が良いでしょう。印刷会社に発注することも出来ますし、インターネットなどを使って自分で名刺デザインをしてくれる人を探すことも出来ます。デザインが完成したら名刺の印刷ですが、これも市販の名刺用のプリント用紙を買って自宅のプリンターで印刷する、というのは止めた方がいいです。この方法でもそれなりにきれいな名刺は出来ますが、逆に言えば誰にでも出来ることなので、学生が面白半分で作る名刺とクオリティに大差はありません。

これではプロである個人事業主の名刺としては失格でしょう。せっかくプロの名刺デザインを活用した名刺を作るのであれば、仕上がりのクオリティにもこだわるべきです。最近はパワーポイント等で作成したデータをネット経由で入稿すると格安で名刺を印刷してくれる印刷会社がたくさんありますので、そういったサービスを活用するべきです。必要なものを揃えて自宅で印刷する方が安上がりだと思われるかもしれませんが、自宅で名刺を印刷する事には落とし穴が1つあります。それは「インク」です。インクジェットプリンターを使ってカラーの名刺を印刷すると、インクを大量に消費します。インクジェットプリンターのインクは、2回も交換すると激安プリンターなら1台新品が買えてしまうほどコストがかかります。このコストやインクなど必要なものを買い集める手間を考えると、激安印刷会社にお願いした方が結局はお得です。やはりプロが印刷した名刺は非常にきれいに印刷されるため、名刺デザインも非常に見栄えがします。個人事業主にとって名刺は「第2の自分の顔」のようなものですので、ぜひとも経費をケチらないでいいものを作って下さい。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a