名刺作成のファーストTOP > コラム > 写真入りの名刺作成をしよう

写真入りの名刺作成をしよう


名刺の写真は髪型や服装でがらりと変わる



名刺作成の際に写真を入れている人も多いのではないでしょうか。しかし、写真なので写り方によって相手に与える印象は異なります。なるべくなら好印象を与えたいと思う人がほとんどでしょうから、ここでは写りを良くするためのポイントや髪形や服装についてのポイントを紹介します。

写真を撮影する時に注意したいポイントと言われているのが前髪です。髪型はどんな時でも印象を与える際には重要ですが、特に静止しているときに印象に残るのが前髪です。この前髪をこだわるのとこだわらないのでは印象ががらりと変わるので注意しましょう。では、どのような前髪にするのがいいのかということですが、女性の場合は少なくともおでこの半分は見せるようにする方がいいと言われています。おでこが完全に隠れて目まで髪の毛が伸びてしまうと暗い印象を与えてしまうことがあるので、好印象を与えることは難しくなります。どちらかというと前髪が垂れすぎているよりも少しおでこを見せた方が印象を良くすることができるので前髪が伸びすぎている人は注意をするようにしましょう。また、好感度をアップさせるためには斜めに流してスッキリとした印象を与えるのもいいでしょう。特に前髪が長い人は横に流す方法が向いています。前髪はおでこを半分見せたり横に流すことによって印象を良くすることができますが、静止画になるので最も注意したいのが影です。静止画において影は印象を暗くしてしまう恐れがあるので、特に前髪を浮かせたヘアだと影が出やすくなるので、浮かないように整髪料などをつけて工夫するといいでしょう。前髪について話しましたが、髪の毛はダウンスタイルにする時にも注意が必要です。特に証明写真の場合は真正面からの撮影になるので左右に差ができてしまったり、髪の毛のハネ、毛先のパサつきなども目立ってしまったりする可能性が高くなります。目で見ただけでは気にならない場合でも想像以上に目立ってしまう可能性もあるので、ダウンスタイルにするなら丁寧にスタイリングをしてから撮影をした方がより綺麗に仕上げることができます。

続いて洋服選びについて触れますが、名刺で使用する写真は顔だけではなく、洋服も映り込むことがあります。どれだけ顔周りを丁寧にしていても、洋服が乱れてしまっては意味がありません。その為、洋服選びが大切になります。例えば人によっては顔をなるべく小さく見せたいと思う人がいますが、小さく見せたいのにタートルネックなどを選んでしまうと逆効果になってしまいます。洋服によって顔の映り方も変わるので、慎重に選ばなければなりません。また、ビジネスシーンでは極力スーツなどの着用をした方がいいでしょう。特にしっかりとした印象を与えるためにはスーツが必要不可欠なので、ビジネスシーンでお客さんと名刺交換をするという場合には私服ではなく、スーツを着用した写真を検討するといいでしょう。このように、印象は写真で変えることができるので、しっかりとこだわって撮影に挑みましょう。



名刺作成で写真を入れるとどんなメリットがあるのか



近年ではビジネスシーンなど様々な場面で人気を集めている写真入りの名刺ですが、この名刺作成をすることによってどんなメリットがあるのでしょうか。魅力的な点としては顔と名前を覚えてもらいやすくなることです。ビジネスシーンではたくさんの人たちと名刺を交換することがあるため、特に多くの名刺を受け取る人は一人ひとりの名前と顔を覚えられない可能性があります。

しっかりと覚えてもらうことによって、ビジネスチャンスにもつながる可能性もありますが、名前だけの名刺ではなかなか初対面で顔と名前を覚えてもらうのは難しいでしょう。しかし写真が入っていると、名刺を確認すれば顔と名前を見ることができますし、通常のタイプよりも印象に残りやすい為、覚えてもらえる確率は高くなります。覚えてもらうことができれば仕事のチャンスも高くなるので魅力的です。

このように、名刺に写真を入れることで得られるメリットは、名前と顔を覚えてもらいやすくなることです。特に新入社員で多くの方に顔を覚えてほしいという場合には、活用するとライバルとの差がつけられる可能性もあります。



写真入りの名刺を綺麗に作成するなら



名刺を作成するにはなるべく仕上がりを綺麗に作成したいと思う方が多いのではないでしょうか。実際に名刺作成を行う方法はいくつかあるので、その中でもどんな方法が適しているのかについて説明します。

まず、家庭用のプリンターで名刺作成をする方法についてですが、家などで簡単に作ることができて便利ですが、キレイに作成するという面ではデメリットの方が多いでしょう。基本的には名刺を綺麗に作成するためのプリンターではないので、滲んだりすることがあります。その為、キレイな仕上がりを求めている人は避けた方がいいでしょう。

キレイに作成したいならオンデマンド印刷を利用するといいでしょう。名刺を作成するための業務用プリンターなら、仕上がりもキレイにできます。キレイに作成するのも印象を良くするためのポイントなのでこだわった方が良いでしょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a