名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺は紙質が重要

名刺は紙質が重要


名刺のデザイン



社会人になってから最初に会社から支給されるものとして名刺があります。会社の代表として、取引先やお客さまと付き合っていくためには必要なアイテムの1つです。初対面の人と交換することで、どこの誰なのかを相手に知ってもらうためにも、相手のことを知るためにもなくてはならない大事なものです。どこの会社でも社員一人ひとりに渡すものなので、それを利用しない手はないでしょう。

名刺を相手に渡すということは、会社の代表として相手と接することになります。役職等が書かれていて、役職を見て相手は何を話せばいいのかなどを考えることにもなります。相手に話す内容を変えさせる力も名刺にはあります。それだけ、重みがあって、相手の行動や言動を変えることにつながります。最初に必要なアイテムとして幅広く使われていますが、その利用価値は計り知れません。

名刺を作成する際には使う目的によってデザインや記載内容を考えなければなりません。ビジネス関係で会社の名刺を作る場合は、ビジネスとして恥ずかしくないような、会社のイメージを大切にしながら作るものです。ビジネス用のものは、シンプルなデザインの方が渡した相手にわかりやすいものになります。できるだけ相手に自分や会社のことを簡潔に知らせることが出来るようにするためにはシンプルであることは重要なポイントです。たった1枚の紙切れですが、されど大事な1枚の紙です。そのために紙質にもこだわっている会社はあります。

できるだけ多くの人に渡すことで、会社だけではなく自分という人物を知ってもらうきっかけになります。最初の印象が一番大事で、そんな出会いのお供をしてくれるものです。ビジネス用・サークル用・個人的用途などいろいろな用途に合ったデザインや紙質というものがあります。使う場所によっても全く変わってきます。仕事用に使う場合は、シンプルだけどちょっとしたデザインに特徴を持たせることで受け取る人の印象に残りやすいものとなり、渡された人物のことを覚えてもらいやすくなります。相手の記憶にいい印象で残るというのが大切で、その後何かあった時に記述されている連絡先に連絡をくれるようなこともあります。いい印象を持ってもらうためにはデザイン以外に名刺に使う紙質も重要です。





紙質へのこだわり



紙の材質によって相手の印象がだいぶ変わってきます。そのため、紙の材質にもこだわることが大切です。大手企業であれば、紙の材質がどんなものでもあまり関係ありませんが、小さな企業の場合は、高品質な材質の紙を使っている場合と低品質な紙を使っている場合では印象が変わることもあります。大企業の場合は、再生紙を使っていても営業活動に支障がでることは少ないでしょう。逆に環境に考慮したものを作っているということで、評価される可能性が高くなります。

ただし、中小企業の場合は、できるだけ高品質な紙を使って作らないと、再生紙だと経営状況が悪いのではないかなど、受け取る側によっては変な解釈をされてしまう可能性があります。そうならないためにも高品質な材質の紙を使って誰に渡しても恥ずかしくないものが良いのではないでしょうか。紙質によっても印象が変わりますし、企業規模によっても印象が変わります。できるだけ相手に好印象を与えるためには、このように紙の材質にも注意を払わなければいけません。できれば、名刺の材質にはこだわりを持って、高品質なものを使ったほうが良いのか、再生紙を使ったほうが良いのかを考えてから作ることをおすすめします。渡す側はあまり意識することはなくても、受け取る側は細かな部分まで見ていることもあります。その点は受け取る側になって考えていかなければなりません。





名刺は何のために作るのか



名刺にこだわりを持つのにはもう一つ大きな理由があります。名刺は渡す相手にアピールするアイテムでもあります。こだわりを持って作成したものを渡すことで相手に好印象を持ってもらいたいのと、会社とともに自分という個人を知ってもらうためのものです。相手が受け取ってすぐに忘れてしまわないような、斬新なデザインのものがあればプラスに働きます。プラス効果が名刺にはありますので、できるだけ恥ずかしくないようなものを渡せるように会社としては考えて作らなければいけません。

通常名刺をつくるときは、横書きと縦書きがありますが、片方が良いというわけではなく、会社のイメージにあったデザインにしなければならないということです。例えば、デザイン関係の会社であれば名刺のデザインはとても重要で、デザイン会社ならではの名刺を渡すことで相手にインパクトを与えることができます。デザイン会社が一般的な企業と変わらないようなものを渡していると、人によってはこの会社にデザインの仕事を依頼して大丈夫なのかと心配になったりすることもあるでしょう。このように、業種にあったデザインや紙質のものを選んで作ることは非常に大切なことです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a