名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺印刷での取扱用紙について

名刺印刷での取扱用紙について


最近はインターネットを利用する事で名刺印刷が可能になっており、日本全国どこからでも注文を行う事が出来るようになっています。
例えば、九州に住んでいる人が東京の印刷会社に依頼する事もインターネットであれば可能になると言う事なのですが、これはデータ入稿を行う事で日本全国からでも注文が可能で、しかも最短納期で名刺印刷が出来ると言う事でもあるのです。



データ入稿と言うのは、自ら名刺の印刷用データを製作し、そのデータをメールなどで添付を行えば、印刷会社がそのデータをチェックして不備が無ければそのまま印刷工程に回せるため、最速での名刺印刷が可能になると言うものなのです。
尚、データは様々な形式のものが可能になっているケースが多く、一般的なオフィスなどで利用しているアプリケーションソフトウェアで作成したものや、JPEG形式の画像フィル、イラストレーターなどの専門のアプリケーションで作成したものなど様々な形式に対応しているのが特徴なのです。



また、印刷データは不備が有る場合などでは一度修正が必要になりますが、この場合の修正料金についても無料で行ってくれるケースが有りますので、安心して依頼することが出来るようになっているのです。
更に、データ入稿が初めてと言う人などにも便利なテンプレートが用意されており、そのテンプレートを利用する事で自らデザインを作りだして名刺印刷のみを行って貰う事も出来るようになっているのです。




所で、名刺交換をしたことがある人なら解りますが、名刺には色々な紙の種類が有るのです。
一般的な紙と言うのはケント紙などであり、通常のコピー用紙よりも厚めに出来ており、丈夫な用紙が使われているのが特徴です。
印刷会社では様々な取扱用紙となっていますが、希望の用紙が有る場合は、その印刷会社の取扱用紙に含まれているか否かを確認しておくと良いのです。



取扱用紙はホームページの中に記載が有りますので、それを参考にして調べることが可能になっています。
また、それぞれの用紙には色系統、紙質、紙の厚さ、そして用紙の特徴などの説明が行われていますので、それぞれの用紙を比較してみて決めることが出来ますし、中にはサンプルを送って貰える用紙も有りますので必要に応じて請求をしてみるのも良いのです。



前とは変わった用紙を使って名刺印刷を行いたい時など、取扱用紙のウェブページを見れば、その印刷会社が扱っている用紙を知ることが出来るのです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a