名刺作成のファーストTOP > コラム > 海外用の名刺での電話番号と気を付けなければいけないこと

海外用の名刺での電話番号と気を付けなければいけないこと


海外でも使われるようになった名刺と表記の問題



名刺というものは、日本だけのものではありません。海外でも使われていますし、日本人が海外に行ったときに使うことも出てきました。外国のお客様がいらした時に使うこともあるはずです。そうなると、名刺も英語表記にする必要が出てきます。英語表記にするというのは、そんなに難しいことではないです。

名前や会社名を英語表記にすることは、日常でも行われていることもあるはずです。名刺を交換する相手が常に日本国内にいるとは限らないという問題を忘れてはいけません。日本で出会った相手であったとしても、国外に帰ってしまえば、簡単に連絡を取る事が難しくなる場合があります。メールでの連絡は日常ではありますが、電話連絡も必要になってくるでしょう。それをどう表記するのかという問題も忘れてはいけません。

英字表記の名刺に電話番号を記入する際には、国際電話番号にするという事がひとつの方法です。日本の国番号をプラスすることになりますが、少々ルールがあります。81が日本の国番号になるため、+81と表記します。これを番号の最初につけることになりますが、最初の0は省略しなければいけません。例えば電話番号が03-1234-5678ならば、+81-3-1234-5678という表記にするのが正しい方法です。国際的な表記ルールの一つになっていますので、この書き方を間違えないようにする必要があります。もう一つの注意事項として、電話番号を英語でどう表記するのかということになるでしょう。日本の場合、Telと書くことになりますが、これでも問題はありません。Telephoneと書いてもいいですし、Phoneでも通じます。文字の配列などを見て、納まりのいい方で決めるといいでしょう。内線がある場合には、Extentionの略であるex.と表記すれば通じます。





携帯電話の表記の仕方



固定の電話番号とともに携帯電話も一緒に表記するケースも多いです。ところが、この携帯電話の表記でかなり迷ってしまう場合が出てきます。一般的な表記で行けば、Mobileとすることになるでしょう。ですが、日本の携帯電話のイメージとは少々異なるという人も出てきます。実際に英語で使われているのは、cellular phoneが多いでしょう。略したcell-phone もよく使われます。cellというの表記も表現としては間違っていません。このどれを使って表記してもいいでしょう。どうしてこうした表記を使わないのかといえば、日本ではcellularが携帯電話会社の名前になっていたためです。そのため、どうしても表記としてのなじみが薄くMobileという表記を基準として使っているといえるでしょう。personal phoneとすることもあります。

同じように迷ってしまうのが、Faxです。本来Facsimileと表記するところですが、日本ではスペルのなじみが薄いでしょう。Faxというほうが一般的で、常に使われていますが、これをそのまま使うことができます。スペルを比べてみるとわかりますが、本来は短縮形になってくるため、ピリオドを打つことが基本です。ですが、海外でも日本のようにピリオドなしで使われていますので、そこまで気にする必要はありません。





知らないと困るフリーダイヤルの書き方



日本国内の電話の場合、フリーダイヤルを使っている企業も多いでしょう。電話をかける際に電話代の心配をなくすことができるのは、大きなメリットです。名刺に記入しておけば、うまく活用してくれる人も増えますが、海外から見るとかなり気をつけておかなければいけないポイントです。

フリーダイヤルということで英語表記にすれば、Free Dialといったところになるでしょう。ところが、これが和製英語であるということに気が付かなければいけません。つまり、このままでは一切通じないということです。英語表記では、Toll Freeというのが通じる書き方になります。Toll Freeとは、toll free telephone serviceの略となりますが、使用料のかからない電話のサービスという意味を指します。英語で名刺を作るというのは、いろいろと難しい面を持っています。渡す相手に通じるように作らなければいけませんし、日本以外での使用も考えていくことになります。

表記という部分だけではなく、デザイン的にもかなり自由なのが海外での特徴でもありますので、日本の形式だけにこだわらないというのも一つの方法です。かなり自由なデザインが多く、それぞれ個性を出してくるのが特徴ともいえるでしょう。もちろん、形式的なことは重要です。名刺という大事なツールであるということは崩さずに、少しでも有効に使えるように柔軟に考えていくといいでしょう。日本用との併用ということでは難しい面もありますが、二つを分けてしまい、印象的な名刺にしてみるのもビジネス戦略の一つとして考えてみるのも良いです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a