名刺作成のファーストTOP > コラム > モノクロのオリジナル名刺が密かに人気

モノクロのオリジナル名刺が密かに人気


企業の宣伝活動において販売促進物というのはとても重要なものであり、チラシや名刺には費用を掛けてオリジナリティと目を引く斬新さを求める企業が増えています。



一昔前まではモノクロの印刷物も当然のようの使われていましたが、今はあまり目にする事はありません。



やはり目立つ、人目を引くという事を考慮すれば、色とりどりのカラーで仕上げた方が良いという考えの下、そのようなカラー印刷物が一般的になったのだと言えるでしょう。





しかし昨今、このモノクロによる販促物が密かに業界内において見直されつつあります。



デザインというものを専門にしたデザイナーも少なく、それを業種とする企業も少なかった時代、手書きや自分でパソコンなどから出力したものをモノクロで印刷していたのですが、今はプロのデザイナーや業者に注文してモノクロの販促物をかっこよく仕上げる事が可能になってきています。



例えばオリジナル名刺ですが、会社のカラーを表現する、個々の個性を打ち出すという意味でカラーを使っていましたが、今はデザインの力でオリジナリティーを出す事も出来ます。



逆にカラーで仕上げている企業が多いからこそ、オリジナル名刺のような個性において白と黒だけを使うという事が適当であるともいえるのです。



そして白と黒だけを使ったものは、おしゃれな感じを醸し出し、デザインの内容もおのずと目立つようになるというわけです。





また色というものは不思議で、黒ひとつにしても種類が多く存在するのはご存じでしょうか。



一般的には赤は一色、白は一色、黒も一色しかないと思われていますが、印刷を専門とする会社にしてみれば一つの色が一つに限らないというのは常識と言っても過言ではなく、濃淡のちょっとした違いによって見え方が大きく変わってきますし、その画の雰囲気にも違いが出てきます。



このようにどんな色であれ、いかようにも個性を表現する事が出来るのです。



色だけではなく紙にも種類がたくさんあります。



普通紙に加えて、コート紙や上質紙など様々で、これらの用紙によって変化をつけることも出来ますが、どの用紙に印刷するかによって色の出方が違ってくるというのもひとつです。





せっかくオリジナル名刺を作るのであれば、紙や色にもこだわって企業の個性や自分らしさを表現するのが良いでしょう。



サンプルをいくつか見せてくれる業者もありますから、そのようなサービスを予め利用するのも良いのではないでしょうか。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a