名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺印刷のマニュアル化対応について

名刺印刷のマニュアル化対応について


ビジネスを行うに当たって名詞というのは必需品です。日本文化においては挨拶の際に名刺を使用するということは極めて一般的なことであり、最低限のビジネスマナーであるとも言えるでしょう。そんな名刺ですが、かつては名刺印刷というのは印刷会社に注文を出すものでした。印刷するということはそれだけで専門技術だったのです。そんな時代はかなり長かったと言えるでしょう。
しかし近年になって家庭用プリンターや一般業務用のプリンターでも簡単な名刺をデザインして作成することができるようになりました。この様な変化に伴って名刺印刷の一部は自分で行うことができるようになってきたのです。専用のソフトウェアを導入してマニュアル通りの捜査をすれば誰でも簡単に名刺印刷をすることができる時代になってきたとも言えるでしょう。最近の商品の中にはマニュアルすら不要であるというシンプルな設計のソフトも出来ており、印刷会社への需要が一定数減ることにつながりました。
しかしながら現在でも名刺印刷に対して全てマニュアル化された簡単な作業で作れるというわけではありません。特殊な加工が必要である名刺の作成や、一般的ではない素材での作成、あるいは他との差別化を図るためのハイクオリティな品質を求める場合にはマニュアル化された作業ではない印刷の専門業者の腕が試されることになるでしょう。

例えば自分でできる名刺印刷の場合には定型の形に制限されることが非常に多いです。また紙面が小さいことからミシン目で分割する仕組みで作られていることが多く、手に取った時に印刷業者の作成ではないということが分かってしまいます。それくらいのクオリティの差はあるのです。その様なことでイメージの低下が予想される場合には業者に委託をするのが良いでしょう。業者であれば一般的に名刺で使用する上質紙以外の用紙に印刷する技術も持ち合わせています。例えば会社のマークを浮き彫りにする印刷技術は一般業務用印刷では不可能です。他にも透明なトナーであるクリアトナーを使用した凹凸を持つ印刷物の作成は高級感を醸し出すためには有効な手段になります。また紙の代わりに薄くカットした木材シートを利用したり、インパクトのある素材を活用するという技術もマニュアル化された対応からは生みだすことのできないクオリティであると言えるでしょう。この様な仕組みを導入してみたいということであれば、印刷業者を頼るのが近道です。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a