名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺デザインはメールで送ります

名刺デザインはメールで送ります


名刺をつくる際、デザインを業者が用意したものではなく、自分で名刺デザインを用意し、オリジナル名刺を作成したい人は多いです。企業単位の注文であっても、社章やロゴを入れる必要がありますし、業者が保有しているデザインでは、自分の職業や会社に合わない場合もあるためです。





自分で考えた名刺デザインは、メールを介してデータで業者に送付します。データで送付することで、業者もデータをそのまま名刺データに組み込み、印刷に回せば良いため、紙に印刷したものを持ち込んだり、口頭のみで説明するよりも容易にできるからです。名刺デザインを作るためのデータ形式は、通常の画像ファイルで対応できます。デジタルカメラなどで撮影した画像も多くがそのまま対応可能です。また業者によって差異はありますが、文書作成ソフトやイラスト作成ソフトのものでも作成可能であり、別途ソフトを用意する必要もありません。





業者の中にはメールで添付する前に、テンプレートにあわせて画像を編集し直してから送付する場合もあるため、名刺デザインを添付する場合はその説明を確認しましょう。多くはサイズを名刺にあわせて変更したり、業者が持っているイラスト作成ソフトに対応するようにさせるためです。もし編集技術がない場合でも、その旨を業者に伝えれば、こちらではデータの送付のみ行い、編集は業者の方で行ってくれることもあります。その際、追加料金が発生する事もあるので、追加料金が気になる場合はどうなるのかチェックを怠らないようにしてください。





またデータを送る準備が出来ても、まずは注文が先です。突然画像データのメールが来ても、業者には誰からのメールかわからず、どうすればよいのか解りません。まずは注文を完了させ、名刺に入れる情報や、発送先の住所、オリジナルの画像を用いたい旨の説明、画像を送るこちらのメールアドレスなど必要事項を記入し、その上で画像データを送付しましょう。





注文後、早ければ1、2日でデザインが完成し、データが送られてきます。最終確認となりますので間違いがないか確認し、問題なければその旨を返信、実際の印刷に入ってもらいます。印刷も早ければ当日、もしくは翌日に完了するため、最短で2日ほどあれば名刺が送られてきます。





ただしデザインにも注意点があります。まずは著作権の問題で、会社や個人オリジナルではないキャラクターの使用はできません。また名刺自体はモノクロテンプレートで注文しているのに、提出する画像やロゴがカラーの場合はカラー料金になる可能性があります。そして業者によってはエンボス加工ができないところもあるので、凹凸をつけたい場合は対応可能な業者にしましょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a