名刺作成のファーストTOP > コラム > 家庭のプリンタで手軽に名刺作成

家庭のプリンタで手軽に名刺作成


会社員や自営業を営む人にとって、営業先や取引先とのコミュニケーションは不可欠なものです。人とのつながりが利益を生むことも少なくありません。そんな関係を築くために、初対面の時に必ずと言ってもいいほど名刺交換を行うと思います。名刺作成にこだわることで、名刺をもらった時の印象が違ったり、後々連絡が取りやすくなったりと、いいことがたくさんあります。





名刺作成の方法は業者に頼むと、大量に高品質なものを印刷することができます。また、デザインだけでなく紙質等にこだわることもでき、光沢紙や和紙、プラスチックなど素材は多岐にわたります。しかし、名刺作成業者に依頼する場合は、数十枚以上からの受付しかできなかったり、届くのに数日かかってしまうなど明日絶対に必要な時に困ってしまいます。





そんな時は、家庭用のプリンタで済ませてしまいましょう。名刺のデータさえ持っていれば自宅で出力することができます。用紙は普通紙でも構いませんが、普通紙だとペラペラになってしまい名刺としての品格が失われてしまいます。厚紙や光沢紙など厚みのある用紙を使うと、より高級感がでます。





普通の用紙を使うとカットの手間がかかり、綺麗にカット出来なければいびつな形になり、おかしな名刺になってしまいます。しかし、名刺用のミシン目入りの用紙(文具売り場や100円ショップなどにあります)をつかって印刷すれば、ミシン目にそって切るだけなので、簡単にきれいな形の名刺を作ることができます。





家庭のプリンタで出力することができれば、名刺が足りなくなって、今すぐ必要になったときにでも印刷することができます。これは業者に依頼することにはないメリットです。しかし、家庭用のものでは高精細な印刷が出来なかったりとデメリットもあります。また、多くの家庭にあるインクジェット式のものは水に濡れてしまうとインクが滲んでしまうので注意が必要です。





もし名刺が渡せずに相手に名前を覚えてもらうことが出来なければ、重要な取引のチャンスを逃してしまうことになるでしょう。名刺がつなぐのは名前や会社の情報だけでなく人と人とのつながりもつないでいます。名刺がなくて失敗したということがないように、事前に自宅で印刷したり、出張先のコンビニの複合機で印刷することもできます。名刺がないという緊急事態になる前に自分で対策を行いましょう。自宅でパソコンとプリンタと用紙さえあれば簡単に作ることが出来ます。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a