名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成を格安で行う方法

名刺作成を格安で行う方法


皆さんは名刺を作成するときに、一枚何円で作成していますか?



おそらくお近くの印刷屋さんに依頼すると、思ったより高くなるのではないでしょうか。



印刷物は、一度に印刷をする枚数が多ければ多いほど安くなります。名刺はデザインをそんなに頻繁に変えるものではないでしょうから、一度大量に印刷をすれば、一枚あたりの単価は安くなります。





しかし、そんなに大量に手元に置いておくのは置き場所にも困りますよね。



では安く名刺を作るにはどうすればいいのか?ここはインターネットで名刺作成を依頼するに限ります。



インターネットの検索で「名刺作成」「格安」で検索をするとたくさん出てきます。その中からどうやって選べばいいのか?



これはあなたが印刷に対してどの程度の技術と知識を持っているかによって異なります。



まず、印刷に対してまったくの素人のあなた。ここは「テンプレート」が準備されている印刷屋さんを探してみましょう。印刷屋さんによってはオリジナルのデザインと思えるほどたくさんのテンプレートを用意しているところもあります。



また表面だけでなく、裏面のテンプレートもチェックしてください。裏面を事業案内に使ったり、事業所の案内に使うこともできるテンプレートも用意されています。





次にワードやパワーポイントなどでそれなりに自分でデザインできるあなた。この場合はこれらのソフトで入稿可能な印刷屋さんを探してください。多くの印刷屋さんが「対応ソフト」という項目で、使えるデータ形式を案内しています。



データはワードやパワーポイントのファイルそのものではなく、そこから「PDFで保存」で対応できる形式でデータを入稿するようになっています。この点をご注意ください。



そして最後に、IllustratorやPhotoshopといったプロ用のソフトを使えるあなた。実はこの形式で入稿する方法が一番格安で名刺を作成できます。他の形式では、データ変換料を別途取られるところもあるのでご注意ください。





この形式はほとんどの印刷屋さんが対応していますので、それぞれ価格を比較するといいでしょう。



また、上記のすべてに当てはまることですが、納期がながければ長いほど安く名刺作成できます。1日納期の場合と15日納期の場合、価格が3倍も異なるところもあります。なので、名刺印刷は時間に余裕があればあるほど、安く仕上げることができます。



それと、当然ですが紙質によっても価格が異なるのでご注意ください。一般的に使われている紙が一番安いですが、目立つ名刺にするために、特殊な用紙を使えるところもあります。



格安で名刺を作るには、デザイン用ソフトを使えるようになるか、使える人を友達に持ってデータをつくってもらうのが一番ですね。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a