名刺作成のファーストTOP > コラム > 一般的なソフトで制作出来る名刺作成用のデータ

一般的なソフトで制作出来る名刺作成用のデータ


名刺作成をプロの企業にお願いする女子が増えて来ましたが、その理由は様々です。



まずOLの方々が、営業活動のために制作をプロに代行してもらっています。





普通のパソコンでは効果的なデザインが出来ませんし、最終的に実用に耐えられる品質にするためには、プロの技術が不可欠です。





プロの印刷会社は、高品質な大型プリンタで名刺作成を進めます。



OLの方が取引先やクライアントに配布する名刺、当然クオリティが高い方が宣伝力がアップします。



普通に個人名と簡単な連絡先を書いただけの名刺では、ありがちです。





ユーザーやクライアント側も、そういった一般的な名刺は貰い慣れていますので、



最悪の場合、いくら配布したとしても、配った物がゴミ箱行きになってしまいます。





対して個性的なカラーやデザイン、ワンポイントイラストを描いた名刺であれば、受け取った側も捨てずに大事に保存してくれます。





また最近目立って来ているのが、主婦の方が名刺作成をプロに依頼するパターンです。



自分の名前と子供の写真を挿入した、いわゆるママ友用名刺を携帯なさる方々が急増しました。





ママ友同士のコミュニケーションツールとして、そういった名刺は大活躍です。



プロの印刷会社が、便利なテンプレートをデータ方式で配布していますので、



デザイン系ソフトにて名刺データを制作すれば、後の印刷作業は全て専門家にお任せ出来ます。





illustratorやWord、Photoshopといったパソコンユーザーにはお馴染みのデータ形式でテンプレートが配布されていますから、そういったソフトに慣れている方なら、一日も掛からずに素敵なママ友用名刺がデザイン出来るでしょう。



仕上がったデータは、Eメールに添付し、相手に送付するだけです。





CDやDVDに焼いて郵送する必要はありませんので、メディア代や配送費が掛からず、とにかくコストパフォーマンスが抜群です。





データ入稿のオーダーをする際に必要な情報は、インターネット通販サイトと同じになります。



会社名義で依頼したい方は、企業名を明記しましょう。



反対に専業主婦の方などは不要ですので、省略しても問題ありません。





後は送付と支払いに必要な住所やカード情報を入れればOKです。



注文の箱数や印刷に使用してもらう用紙などは、間違いやすい部分ですので、選択した後、きちんと自分の思い通りのオーダーか、再チェックしましょう。





WordやExcelなどのソフトで制作したデータなら気にする必要はありませんが、



バージョンによる互換性があるillustratorやPhotoshopのデータはきちんとサービス側が指定した形式に変換しておきたいところです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a