名刺作成のファーストTOP > コラム > 安い名刺作成方法のご紹介

安い名刺作成方法のご紹介


名刺はその人の第一印象を決める大事なものです。使用する色使いやロゴによって、企業や個人のイメージが左右される看板にもなります。一般的に、ビジネス用の名刺には寒色が使われることが多いようです。理由は、落ち着いていて先進的な色であるからと考えられています。ところが、美容関係の会社になると、オレンジや茶色であったり様々な色が多くなるようです。色は企業が持つ性質を簡潔に表す作用があります。チョイスするロゴや色、配置によって、受け手の感じ方が断然違ってきます。名刺を作る前に、色んな企業のロゴや名刺を参考にしてみると良いかもしれません。娯楽関係は明るい色、メーカーは落ち着いた色といった傾向が見えてきます。しかし、個人で名刺作成をするとなると、デザインセンスに自信がない人は大変な作業になります。客観的にみて、ビジネスマンらしいデザインにするのには自分一人では悩む方が多いです。

そういう人のために、名刺作成を業者に委託するという方法がございます。名刺作成を専門業者に頼むのであれば、大体100枚単位の所が多いです。一枚あたりに換算すると高いと感じる方もいらっしゃいますが、ご自分で名刺専用用紙を購入して制作するよりも安いです。自分で作るとなると、インクのつき方にばらつきがあったりするため、極力業者に委託するのがおすすめです。最近では、凝ったデザインの名刺が出てきています。シンプルなタイプの名刺であれば安いですが、特殊な用紙を使用した名刺になるにつれ、値段が上乗せで高くなる傾向にあるようです。最近では半透明の用紙を使用した名刺も作成可能です。しかし、企業のイメージに沿うかどうか、作る前に会社の上司に相談しておいた方が良いでしょう。和をテーマとした企業であれば、和紙を使用するというオプションも面白いです。また、デザインセンスに自信がある方であれば、データの入稿での対応という手段があります。各業者のホームページに、名刺作成用のテンプレートがありますので、そこから自分自身でデザインを決めることになります。ただし、画像処理ソフトが必要になります。業者によって違いはありますが、追加料金は掛からない所が多いようです。しかし、自分でデザインしたからといって、値段が安いとは限らないようです。使用する紙の品質やカラーかモノクロかによって値段が変わります。最後に光沢を入れておくと、上質な印象を持たれやすくおすすめです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a