名刺作成のファーストTOP > コラム > 品質とスピードの両方を得られるプロの名刺作成

品質とスピードの両方を得られるプロの名刺作成


家庭用プリンタやスキャナ、複合機がとてもリーズナブルになりました。



安価なパソコン周辺機器が揃ったおかげで、今では一個人でも十分なデザイン環境が得られます。



専用のアプリケーションをダウンロードし、デザインデータを作成、完成した後は普通の複合機やプリンタで素早く出力可能です。





必要な素材もスキャナや複合機にて、簡単にインプット出来ますので、



簡単なパンフレットやチラシ、名刺作成であれば、プロの手を借りる必要は無くなりました。





実際にデザインから印刷物のプリントアウトまでを家庭や事務所内で進め、



アウトソーシングに掛かる必要を節約なさる方々が目立って来ました。



まだまだ景気回復の足取りがおぼつかない今日、名刺作成に掛かる費用は可能な限り、節約したいところです。





ただし、スピードとクオリティを意識した場合は、やっぱりプロの印刷会社にお任せしなければいけません。



簡単な個人用名刺であれば、通常の機器で対処出来ます。





一方、写真や大量の情報を明記したデザイン名刺の印刷は、通常の機器では厳しいです。



一枚刷り上がるまでに多くの時間を要しますし、一般的なプリンタや複合機はあくまで個人ユースを意識して設計されていますので、大量の名刺作成をハイスピードで進める作業は苦手としています。





名刺デザインを白黒のテキストだけの簡素な内容にすれば、家庭や事務所内の機器でも対応可能です。



ただ、簡素過ぎる名刺ではそもそも作成するメリットがありませんし、



大事なマーケティングのツールですので、無闇に費用をケチるのは返ってよくありません。





幸いな事に今ではネット経由で依頼を素早く行える印刷会社のHPがあります。



デザインのカスタマイズからネット依頼まで、全て普通のパソコンで可能ですから、



スピードと仕上がりの品質を求める方は、やはり餅は餅屋という事でプロにお願いしましょう。





本業の印刷会社が使うプリンタは速度が市販品とは別次元です。



基本的にオーダーは箱単位になっており、一箱あたり100枚の名刺が入る計算になります。





要するに最低百枚から依頼出来ますので、小規模オフィスを経営する方や一般的な営業マンの方でも気軽に名刺作成依頼が可能です。





普通の市販品プリンタでは、一般的な白地の用紙しか使えませんが、



プロの業者に依頼すれば、個性的な紙が素材として選べます。



半透明の用紙や和紙といった非常にオリジナリティが高い素材も選択可能ですので、ライバルとの区別化を狙う方々には、そういった独創的な物がおすすめです。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a