名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺デザインを引き立てる高級紙

名刺デザインを引き立てる高級紙


名刺は自分の分身、たった一枚の紙切れなのに個人をアピールするか、企業の顔となるのか、受けとった人の印象は大きく変わるものです。その印象を左右するのは名刺デザインと用紙選択、この二つは名刺のクライアントやデザイナーの意図の下、ハーモニーとなって存在感を醸し出します。特に用紙の選択は受け取った時のインパクトにも大きな影響を与えるため、その名刺の目的により凝るか凝らないかを慎重に検討する必要があります。



紙の要素といえば、「光沢の有る無し」「洋紙か和紙か合成紙か」「紙の地色」などで、平凡な紙か高級紙かが決まります。光沢のある紙とは化粧箱に使われるようなテカテカした表面加工処理をされた紙のことで、紙の商品名では「エスプリコート」などがポピュラーです。カラー印刷をしても色乗りが良いため名刺デザインの自由度が高い紙でもあります。光沢のない紙は「上質紙」や「ケント紙」「マット紙」とよばれるものが一般的で、インクの乗りがやや沈みがちなこともあり、派手さがない落ち着いた雰囲気となります。鉛筆での書き込みもしやすいといったメリットもありますが、少々個性にかけることもあります。



これらの紙は洋紙とよばれるものですが、和紙や和紙風の紙を使うことも珍しくありません。特に着物や和雑貨の関係者などが好んでこれらの紙を用いられます。洋紙と違い、紙自体に紙の繊維の模様があったり、独特の手触りがあるため、受け取った瞬間にその特色が際立ちます。特に名刺デザインにこだわりがあり高級紙指向であれば、無形文化遺産にも指定されたブランドものの和紙を用いることも検討してもいいかもしれません。




一般的には、紙の色は白ければ白いほど高級紙であると思われている傾向もありますが、実際には紙の白さは紙の製造時にどれほどの漂白剤を混合するかによって決まるため、需要の高い白い紙は案外値段も安かったりします。一方、ナチュラルな紙の色が特色の「クラフト紙」などは優れた名刺デザインとの相性が良く、ハイセンスな名刺として重宝されています。また、もともと紙に色がついているものも多数あり、存在感をアピールできる名刺に仕上がります。



さらに、透明や半透明の紙(実際は樹脂ですが…)というのもあります。半透明が際立つ「トレーシングペーパー」、あるいは「透明フィルム」は裏面は使えないのが欠点とも言えますが、独特の光沢感、裏表に別々の印刷をすることで文字を浮き立たせるような効果も得られ、名刺デザインの幅が広がります。

ファーストのデザイン名刺一覧はこちら

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a