名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺の豆知識や手書きの大切さについて

名刺の豆知識や手書きの大切さについて


色々な種類の名刺について



名刺の活用はビジネスシーンで活躍することが増えていますが、ここ最近ではプライベートでも活用したり、ペットのために作成をするなど幅広く活用されています。ここ最近では様々な加工ができ、他にはないデザインの仕上がりにさせることも可能です。これから名刺の作成を検討してる人も多いかと思いますが、どのような種類が存在しているのかについてを説明します。



まず1つ目は金箔仕上げです。名刺というと白黒のイメージを湧かせる人もいるかと思いますが、ここ最近では金箔仕上げも可能です。金箔以外にもレッドやグリーン、ブルー、ピンクなどの色の仕上げにすることも可能で、色々なカラーの箔仕上げを実現できます。例えば、高級感のある仕上げにしたいと思っている際には箔仕上げについて検討すると、思い通りの仕上がりを実現することが可能です。



2つ目は用紙をフィルムで仕上げられる加工方法です。用紙と聞くと紙を想像する人も多いものでしょうが、名刺の用紙はここ数年で複数の種類が登場しています。用紙の種類の中でも多くの方に選ばれるのが半透明の用紙です。フィルムになることで、透けたデザインで加工できるので、他とは違う個性的な名刺の作成を実現できます。例えば作成する際にインパクトを与えられる仕上がりにしたいと考える方にフィルムタイプはおすすめで、用紙の中でも個性のあるデザインなので、印象に残る可能性も高いでしょう。他とは違うインパクトのあるデザインでの作成をお考えの方は半透明フィルムについて検討してみると良いでしょう。



続いて3つ目は角丸加工です。名刺というと四角形のイメージを持っている方が多いと思いますが、四角形だと角がとがっている為、受け取った相手に柔らかいイメージを持たれるということは少ないです。しかし、角丸加工なら角が丸い加工を実現できるので、柔らかいイメージとして変化をつけられます。例えば仕事上、強い印象を持ってもらいたくないと考える方は角丸加工について検討してみてはいかがでしょうか。ここで説明したように、様々な加工の種類について話しましたが、加工によって印象は異なります。また、用紙にも色々な種類が存在しているので、自分だけのオリジナルを作成することが可能になります。オリジナルで個性のある名刺を作成したいと思っている場合には、事前に名刺の種類について調べておくと良いでしょう。





読みやすい名刺にするためのポイント



名刺は作成の仕方によって読みやすさが変わります。特にデザインは重要になるので、これからオリジナルで作成を検討している人は事前にどんなデザインで仕上げるか考えることが大切でしょう。では、実際にどのようなポイントに気を付ければ良いのかについて説明します。まず、1つ目に大切になるのが文字のレイアウトです。文字のレイアウトは詳しくない人はあまり考えずに作成しがちですが、何も考えずに作成すると読みづらく、読んでもらえない名刺になる確率も高いです。その為、文字のレイアウトは会社名や氏名、連絡先などを記載する情報に優先順位をつけてレイアウトを決めましょう。



続いて2つ目に大切になるのが文字の大きさです。できる限り読みやすくするためには大きくしたりする人たちもいますが、あまりにも巨大な字だとバランスが悪くなります。実際に名刺のサイズは限られていますが、ポイントとしては余白をうまく使いながら文字の大きさを決めていくことです。余白をなくして文字だけにしてしまうとバランスも悪くなるので余白を考えて文字サイズについても考えるようにすると良いでしょう。



その他にも、書体は重要なポイントになります。書体は現在種類が豊富に存在しているので、選ぶ際に悩むことがあると思いますが、その中でもたくさんの種類を取り入れようと思っている人も多いのが実情です。たくさんの種類を入れてしまうと読みづらくなってしまうので、できる限り種類は絞って1、2種類程度にすると良いでしょう。





印象に残る名刺を作成するためには手書きも加えるようにしよう



名刺を作成する時にはどうしたら印象に残すことができるのかについて考える人が多いかと思いますが、印象に残すためには様々な方法が存在しています。例えばデザインですが、印象に残すためにはデザインにこだわることは大切です。白黒のありきたりなデザインにしてしまうと、印象に残すことは難しくなります。



デザイン以外にも印象に残るポイントとしては、手書きの文字を加えることです。例えば自分の名前が読みづらいと思った場合にはふりがなを手書きで加えることによって、読みやすくなり相手からのイメージも良くなります。



また、手書きで趣味などたくさんの情報を裏面などに加えることによって、自分のことをより分かってもらうことができるでしょう。このように、印象に残すためには手書きも1つの案となるので、インパクトを与えたいと思っている人は手書きについても検討すると良いでしょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a