名刺作成のファーストTOP > コラム > 画像を使ってデザイン名刺を作成

画像を使ってデザイン名刺を作成


インターネットで色々なものを注文できる時代になりました。日常生活に使用するものからビジネスの現場で必要不可欠といわれているものまでかなり特殊なものではない限り注文が可能です。デザイン名刺もインターネットで注文が可能です。



インターネットでデザイン名刺を注文する際に、印字面を自分でデザインするときは自分の似顔絵などの画像を名刺に印刷することができます。もちろん、名刺の特性を活かしてイラスト化された画像を使用するか、デジカメで撮影した証明写真などをそのまま使用するかにもよりますが、営業担当者の名刺には顔写真入りの名刺を見かけることがビジネス現場ではよくあります。



画像入りのデザイン名刺を作成する際には、用紙の特性と使用する画像の特性に注意を払うようにしましょう。イラストやロゴの場合は色遣いなどデザインの段階で色を指定することができますが、写真などを使用する際には写真そのものだけではなくコントラストや明るさなどに注意しましょう。使用する用紙とインクの相性などもあり、ディスプレイで見ているよりも印刷されるときは暗くなったり、青味が強い、赤味が強いなど色そのものの発色がかなり変わります。自宅で名刺印刷を行う場合はプリンタの具合を見ながら色調整が可能ですが、インターネットで名刺印刷を依頼するとき、価格によっては色校正ができないこともあります。使用する用紙を光沢紙のような表面加工を施されているものであれば、ディスプレイ表示に近いものが作成できるかもしれませんが、依頼する業者によっては追加料金がかかることもあります。




画像入りデザイン名刺の場合、両面印刷の名刺を作成して、名前などの面は文字だけ、裏面にイラストや会社のロゴ、写真などを使用することがあります。また企業の名刺の場合「創立●●周年」などその年限りの名刺を社員の為に作成する場合もあります。デザイン名刺は片面だけではなく両面のデザインができるので、クリエイティブな職業と認知されている業種の人は宣伝ツールとして、製造業では一押しの商品、小売業では店舗の地図など多彩なデザインを名刺という小さい空間に入れ込むことができます。



画像入りデザイン名刺作成の際に気をつけたいのは、文字など大切な情報が名刺を渡した相手に認識できるように見やすく作ることです。ビジネスの世界で名刺を渡す相手は様々な年代の人たちです。あらゆる人に自分の連絡先を認識してもらうにはデザインに凝りすぎず、必要な情報をわかりやすく伝えるのが名刺の基本です。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a