名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成で自由に名入れを行う

名刺作成で自由に名入れを行う


名刺作成はビジネスマンに取って重要です。企業に勤めている場合でも、庶務の一つとして業者に注文する際、自社の希望を踏まえて作成依頼をしなければなりません。起業家の場合は自分でオリジナルの名刺を作成する場合もありますが、量が多い場合は業者に頼んだほうが便利です。





では、どのようにして名刺は発注されるのでしょうか。その流れを見ていきますしょうまずは注文です。業者によっては、何パターンかの名刺デザインをホームページや資料などで紹介しており、その中からデザインを選択するのが第1のステップです。ホームページ上で注文する場合は、デザイン選択後に注文画面に移り、そこで見積もりを行います。注文する数量などを入力し、大凡の値段を表示してもらいます。値段が予算の範囲内で収まりそうであれば注文フォームに移ります。





注文フォームでは名入れの情報を入力します。氏名や社名、部署、住所や電話番号などです。また名刺作成後に発送する宛先などもあわせて入力する業者が多いです。名刺作成はこれで注文が完了ではなく、希望のデザインに名入れを行い、最終的な決定デザインをメールで送付してもらい、依頼者が納得できたという返事をして初めて印刷に入ります。





基本的には名入れや印刷を行う前に料金の支払いがありますが、業者によっては後払いも対応しているところがあります。より早く名刺が欲しい場合は後払い制の業者にすると良いでしょう。また送料などの手数料も、注文数や配送方法に応じて無料や割引制度を採用している業者もあります。名刺1枚の値段は安くても、会社単位で注文するとかなりの値段になるため、コストの削減を考慮するならばそうしたサービスも重視しましょう。企業で名刺作成をしなければならない場合、費用とするためには領収書の発行は必須です。対応していない業者は少ないですが、念のために確認し、必ず貰いましょう。





実物を確認したい場合は、作成する名刺そのものの確認が可能か否か、サンプルのみ可能か、実物は不可かという記載にも注目してください。すべての業者が、作成する名刺のサンプルを提供してくれるとは限りません。デザインにこだわっていたり、オリジナルの画像やイラスト、会社のロゴなどを挿入する場合は製品に失敗がないように、実物が確認できるほうが望ましいです。オリジナルのデザインで申し込みをしたい場合は、それが可能な業者を選び、注文時にデザインを送付する方法で行います。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a