名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺作成の流れとは

名刺作成の流れとは


名刺作成を行う際には事前にその流れを把握しておくとスムーズに注文をすることができます。



もちろん流れを知らないからと言って注文を断られることはありませんし、わからないことがあればその業者に質問をするのが一番確実です。



ですが基本的な流れについてはある程度理解しておかないと、手続きが進んでから想定外のことが発覚して、結局最初からやり直しということもあります。





では名刺作成の流れはまずどこから始まるのかと言うと、基本は見積もりを貰うところからのスタートです。



自分、もしくは自社が何種類の名刺を何枚欲しいのかと言うことを印刷会社へ伝え、その印刷をすると最低どれくらいかかるのかと言うことを明らかにしましょう。



電話やFAXで連絡をするということもできますが、最近だとメールを使ってやり取りをすることもでき、メールだと見積書もすぐに貰うことができますから、メール対応をしている場合はメールでの問い合わせをするのが無難です。



またこの見積りについてはデザインや使用する色の数、用紙のタイプなどによっても価格が変わってきますから、なるべくこうしたポイントも事前に考えておきましょう。





見積りを貰って注文を確定させるという段階になって行うべきとなるのが、作る名刺のデザインについてです。



このデザインについては大まかに分けて二種類あり、自分たちでデザインを作ってそのデータを印刷会社に送るデータ入稿タイプと、事前に印刷会社で準備されているデザインを選んで使用するデザイン選択タイプがあります。



よりデザイン性に富んだものが欲しいのであればデータ入稿タイプがお勧めされますが、データ入稿の際には事前に規定されたファイル形式やサイズを守らなくてはなりませんから、データ入稿の場合はデザインができるスタッフや環境を整えておく必要があります。





ここまでの手続きが完了した際には、実際に印刷が開始され、その後で納品が行われて名刺作成が全て完了となります。



この後で行うべきこととなるのは、実際に納品された名刺に印刷ミスがないかどうかということの確認と、枚数がそろっているかどうかの確認です。



一度注文をした後であれば、その名刺が切れてしまった場合、また同じ印刷会社に発注をかけるようにすると価格を割り引いてもらえることがありますので、印刷会社の連絡先や担当者名などについては廃棄せずに保管しておいた方が良いでしょう。





おおまかな名刺作成の流れは以上です。



業者によって印刷までかかる時間や、実際に納品されるまでの時間などが異なってきますので、そうした違いについてはそれぞれの印刷会社に聞くことが必要となりますが、基本的な発注の流れとしてはあまり変わりません。



プリンターなどで自作するよりも優れたデザインや紙質の名刺を簡単に作ることができますから、名刺を使うのであれば是非利用を検討してみましょう。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a