名刺作成のファーストTOP > コラム > 名刺デザインの選び方のポイント

名刺デザインの選び方のポイント


名刺作成の際に必ず考えておかなくてはならない要素となるのが名刺デザインです。



単純な会社名と氏名、役職や連絡先が書いてあるだけの名刺であれば極端な話、電気店で販売されているようなプリンターで自作することもできます。



そうしたシンプルな名刺にも人や場所を選ばないというメリットはありますが、渡す相手により良い印象を与えたり、しっかり覚えて貰いたいという場合には名刺デザインにも凝った方が良いでしょう。





さて、ではそうした名刺デザインの選び方として押さえておきたいポイントにはどういったものがあるのかと言うと、まず何よりも考えておきたいのが既製デザインを使うか、オリジナルデザインを使うかというところです。



名刺デザインは新しいものを使いたいと考えてもすぐに使えるというものではなく、まずは作るところ、選ぶところから始めなくてはなりません。





ではまず既製デザインを使うことの特徴についてですが、最近の名刺印刷会社の多くは自社で独自のデザインを多く準備しており、顧客のニーズに応じて好きなデザインを選択できるように準備をしています。



そうした既製デザインはオリジナルでデザインを作るよりも遥かに安く、簡単にさまざまなデザインを選ぶことができますので、ある程度早く、コストを抑えてオリジナリティのある名刺を作りたいという場合には活用できることとなるでしょう。



ただその反面、これは利用制限があるわけではありませんから、場合によっては別の会社と全く同じデザインになってしまうこともあります。



自社と取引する相手が全員同じデザインと言うことはまずありませんが、他社と同じような名刺ができることがあるというのは短所の一つとして押さえておきましょう。





次にオリジナルデザインを使うことの特徴についてですが、これは何と言っても、他社と全く違うオリジナリティあふれる名刺が作れるということが魅力です。



文字の配置や社章などの要素の配置、カラーリングに至るまで多種多様な選択肢がありますから、しっかりと考えてオリジナルデザインを作れば、他社よりも魅力あふれる名刺を作ることもできます。



しかしオリジナルデザインを作るのには非常に手間がかかるもので、人気のあるデザイナーにデザインを発注するという場合になると、そのデザイン料なども発生してきます。



一度デザインをつくれば長く使っていくことができるものの、最初に投資する費用に関してはある程度を見込んでおかなくてはなりません。





名刺デザインの選択肢は非常に多く、オリジナルデザインともなれば無限とも言っていい種類が存在しています。



名刺はビジネスマンにとってもう一つの顔となる存在ですから、印刷会社やデザイナーと協力して、オリジナリティあふれるインパクトのあるものを作ることをお勧めします。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a