名刺作成のファーストTOP > コラム > 半透明でインパクトのある名刺作成

半透明でインパクトのある名刺作成


ビジネスの現場では、名刺交換を行う機会は頻繁にあります。取引先に挨拶に行くときには決まって自分の名刺を渡し、相手の名刺を受取ります。しかし、何人もの人と名刺交換をしていれば、そのうち誰に名刺をもらったかよくわからない場合があります。そうなってしまえば、せっかくの取引先に自分のことを覚えてもらいにくくなります。そこで、インパクトの強い名刺を渡せば、相手に強い印象を与えることで自分のことを覚えてもらいやすくなります。そのインパクトの強い名刺が、半透明の名刺です。他の名刺には出すことのできないそのインパクトの強さから、現在注目を浴びています。
ふつう名刺作成時には、材質は紙の物を使います。なので、たいていの場合は白い紙に自分のことが印刷された名刺になります。しかし、印刷するのを普通の紙ではなくて、トレーシングペーパーのような材質の紙に印刷すれば、名刺の後ろ側が透けて見える、半透明の名刺になります。特徴として、当然後ろまで透けて見えるということがあげられますが、他にも、印刷の時に白色は使わないという特徴があります。一般的には、透明や半透明の名刺を作るときには、白色のインクを使わないことが多いです。その分、白ではなくて透明を活用するということになります。

名刺作成時に、半透明の紙にする最大のメリットは、相手に与えることのできるインパクトの大きさです。他の人たちとの違いを見せつけることで、より自分のことをよく知ってもらって、取引が円滑に進む手助けになることもあるかもしれません。そう言った効果が期待できるのが最大のメリットです。今までの名刺にはなかった、スタイリッシュでおしゃれな名刺でビジネスの成功を目指すことができます。また、おしゃれな名刺を持つことが、人によってはモチベーションの向上につながる場合もあるかもしれません。
名刺作成の際、通常の名刺ではデザインは自分で作成して業者に依頼してその通りに作ってもらうという場合と、あらかじめ用意されたデザインのテンプレートの中から自分の好きなデザインの物を選んで作ってもらうという二つがありますが、半透明の物でも同様にそれらの両方から選択することができる場合が多いです。
表面の加工にも対応している場合があり、最終的な仕上がりに至るまで、自分自身のこだわりを持ってオリジナリティあふれる名刺を作成できます。
透けて見えるという名刺は、あまり一般的ではありませんが、幅広く出来上がりを調整できるので、幅広いシーンで活用することが可能です。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a