名刺作成のファーストTOP > コラム > カードサイズの名刺作成を依頼する

カードサイズの名刺作成を依頼する


名刺は、企業の顔でもあり、取引先を拡大したり、担当者の顔を覚えてもらったり、企業のことを知ってもらったりする時に欠かせないアイテムと言えます。



名刺作成を行なう為には、印刷会社へ依頼するのが一般的ですが、近年では、名刺作成の専門業者が存在していますので、企業はこのような専門業者を利用しますと、企業のイメージに合った名刺作成を行えて便利です。





名刺は、カードサイズの物が中心になっています。



これは、名刺が溜った際に整理を行いやすいサイズであり、手の平に入るサイズですので持ち運びやすいからです。



最近では、多くの企業が従来の白い名刺だけでなく、デザイン性の高い名刺を作って顧客や取引先に配布しています。



企業カラーに合ったカラーリングの名刺を作ったり、企業ロゴが目立つ名刺などを作ることで名刺のインパクトが上がり、顧客や取引先に企業のことを覚えてもらえる可能性が高まります。





カードサイズ以外にもオリジナリティ溢れたデザインの名刺が登場していますが、持ち運びやすさなどではカードタイプの名刺の方が良いです。



カードタイプの名刺でも、フォントの選び方や企業ロゴの入れ方によって名刺の印象が大きく異なってきます。



企業のイメージに合った名刺を実現する為に、多くの業者では、依頼企業からのデータ入稿を行っています。



デザイン方面で使われているソフトウェアを使うことでデータを共有することが出来ますので、依頼企業は好きなデザインを自前で行って、業者にデータを送ります。





名刺作成において、名刺の使い勝手は大切であり、使い勝手の良い名刺は貰った側も扱いやすいという利点が生まれます。



手軽に名刺を作りたい場合には、業者の方で予めデザインした名刺をベースに作っていくことも出来ます。



この方法を利用しますと、名刺を作成する費用を抑えることが出来るといったメリットがありますので、名刺に割く予算が限られている企業にとっては便利なサービスです。



モノクロタイプの名刺を作ることも可能であり、制作コストを下げながら、堅い印象を与える名刺を作りたい時に重宝します。





柔らかい印象の名刺を作りたい場合には、明るい色や暖色などを使いますと効果的です。



名刺のカラーリングやフォントの選び方によって、名刺の印象を変えていくことが出来ますので、必要に応じてカラーリングやフォントを変えていくと良いでしょう。



名刺は向きによっても印象が変わってきますので、縦向きが良いのか、横向きが良いのかを考えておくことも大切です。

次の記事へ
名刺を作成する方はこちら-名刺作成ファーストTOP-
女性向け名刺
医師名刺
フォト・写真名刺
ペット名刺
公務員名刺

お手軽名刺コース

データ入稿コース

再注文名刺コース

用紙を選ぶ

初めての方へ

a